ひよこのたまご -大航海時代- ☆2nd Season☆ | EOS鯖大航海時代ONLINEブログ。 (=゚ω゚)モヘェ~♪

『東京』 高水三山

 
 
こんちゃ♪ひよこの中の人です


大岳山・鋸山を登ってその日は車中泊して翌日。
近場にもう一つ登っておきたい山があったので登って来たのでーす♪


それは高水三山。
奥多摩の玄関口にあるお山なのだぁ~! 
 


 

'
 
 
 
まずは本日の晩酌コーナーから


本日いただいたのはー?


鍋島 純米吟醸 山田錦 生酒
(なべしま じゅんまいぎんじょう やまだにしき なまざけ)


20170505063811.jpg


佐賀県は富久千代酒造さんが醸すお酒です。
我が家初鍋島ですねー

前から飲んでみたかったのだけど、近所で販売してる店が皆無で手に入れられずでした。
今回のは伊豆に釣り場の下見に行ったときに立ち寄った酒屋さんで入手。
楽しみですねぇ~♪



アルコール分 16度
原料米 山田錦 
精米歩合 50%
日本酒度 +5
酸度 1.3


20170505063856.jpg



開栓するととてもフルーティーな香りがします。これは期待出来そう!
含むと・・・・・あまぁ~い♪
なんでしょうコレ?メチャクチャ甘いです。
それでいて綺麗な酒質で笑っちゃうくらいスルスルと入っちゃうタイプ。
日本酒度+5とのことですが辛さは殆ど感じませんね。
そして苦味もありません。酸味少々って感じかな?もうちょっと酸味あっても良いかなって思いました。
かなり美味しい部類には入ると思うのだけど・・・
個人的に思ったのは旨味が少し足りない?って気がしました。
美味しいけれどなんだろう?「すっごい美味しい!!なにこれ!?」とまではいかない。
鍋島=メチャクチャ美味い!って事前情報で思っていたので期待しすぎたのかな?

どうしてもまたリピートしたい!とまでは行かない感じです。
とは言え他の蔵と比べても充分美味しいお酒ではあるのだけどね。
鍋島の名前が大きすぎて期待しちゃうのが難点なのかも知れません。






さて高水三山です。


登り口はJR軍畑駅からとJR御嶽駅からの2箇所ですかね?真ん中の沢井駅からも行けるはいけるはず。
わたし達は軍畑駅からのアプローチを選びました!


まずは全体図~♪

20170505062544.jpg
*クリックで大きくなります

奥多摩の入り口。北部の山ですね!8.8kmの道のりだったかな?
標高は高くても800mも超えませんが奥多摩らしい道になっていて歩きごたえもあると思います。



標高差はこちら~♪

20170505063029.jpg
*クリックで大きくなります

軍畑駅から歩いても御嶽駅から歩いてもほぼ同じような構成です。
軍畑側のが序盤に車道歩きがあるくらいでしょうか?


鳥瞰図~♪


20170505063708.jpg
*クリックで大きくなります




我が家は軍畑からのアプローチを選びましたので、御嶽の有料駐車場に車を停めて2駅電車に乗って軍畑へ行きました。

20170505063961.jpg



軍畑の駅はこじんまりしてておトイレがあるくらいの小さい駅です。
ここで下車したのはウチを入れて5人。みんな高水三山へと登る人でした。

20170505064458.jpg




準備をして歩き始めます。
最初はひたすら車道歩きです。2kmくらい車道歩きになるのかな?


そして高源寺の脇からいよいよ斜面となります。

20170505064564.jpg



出だしはまだまだ舗装道が続くのでヒィコラハァコラと結構急な坂道を登るのです。

20170505064610.jpg



約10分くらいで登山道入り口となります。ここからはやっと登山道っぽく未舗装になりました。

20170505064792.jpg



大きい砂防ダムの脇を階段で登ると石で組まれた階段を登っていきます。
奥多摩らしいっちゃらしい出だしから急登パターンでしたね。

先行で歩いてる女子一人登山者の早いこと!あっと言う間に見えなくなっちゃいました。



高水三山唯一の水場を過ぎるとやや荒れ地の斜面になってそれを登り切ると杉林の道になります。

20170505064867.jpg


最初の頂上は高水山。1.1kmの道のりです。

20170505064938.jpg



杉林内は段差が合いにくい高さになってしまった木の階段になってて昨日の山歩きの後で筋肉痛の足に結構堪えます。
道には所謂合目石と言うんですかね?時々あるのでおおよその目安になってる感じでしょうか?

20170505065044.jpg

20170505065182.jpg


上の8合目の石標を過ぎてもうひと登りするとやがて斜面がゆるくなって歩きやすい街道のような道になりました。

20170505065273.jpg


この道すがらに9合目の石標があり、右下からはアスファルトの舗装された道路が上がってきてます。もうまもなくお寺への合流かな?って思ってたら予想通り常福院へ到着しました。

20170505065329.jpg

ここの東屋をお借りして少し朝食タイムです。

この日は気温25度超えの夏日で結構暑くて汗びっしょりでした。
それでも多少標高高いおかげかしばらく休憩してると涼やかになれて山はいいなぁ・・・・思いましたね♪


朝食休憩して体力が回復したので再び歩き始めて高水山を目指します。
常福院の裏手に登山道が続いていて、それを歩いているとほんの5分程で高水山頂上に着いちゃいました!
うへぇ~・・・こんな近かったのか・・・。

20170505065450.jpg


ここはベンチがいくつかあって休憩によさそうでしたが、さっき休憩したばかりなのでスルー。


道沿いにある枯れた大木にはサルのコシカケがたくさん生えてました。本当に猿なら座れそうw

20170505065504.jpg


高水山からは一回ガツンと下らされます。下るということは当然その分登るから嫌なのよね^^;
下った後は軽いアップダウンを経て30分程で次の岩茸石山の山頂前の急な登りへ。

20170505065607.jpg

ここでトレラン風のカップルに颯爽と抜かれてなんとなく若さと言うか体力の差を見せ付けられてちょっぴりガックシ(笑)


5分程ぐっと堪えて急登を登りきると岩茸石山山頂でした!
山頂は北側斜面の木が整備されたのか伐採されたのかわからないけど短い潅木になっているため眺望抜群です。

20170505065748.jpg

見える方向の山は「棒の折山」
その奥には見えないけれど前に登った秩父の「武甲山」があるはず。
現地ではわからなかったけれど棒の折山があるということは西側には川苔山も見えてたはずです。


高水三山の中では最高峰ですし、眺望もここが一番良いです。休憩オススメポイントですかねぇ~?



景色満喫したので三山最後の山を目指します。
岩茸石山からの下りはゴツゴツとした岩場の下りが続きます。


それを超えると再び歩きやすい杉林の登山道に。
稜線にさえ上がってしまえばかなり歩きやすい整備された山ですね。


それでも時々このような岩でゴツゴツした道にもなりますが、かえって変化もあるということで楽しいと思います。

20170505065861.jpg


およそ50分程歩いて少し飽き始めたころに3つ目の山、惣岳山へ到着しました。

20170505065911.jpg

この時点で9時半で、反対側の御嶽駅から登ってくる人たちがいっぱい!
最初初級者向けの山だからGWなのにあまり人いないし人気ないのかな?なんて思ってたけれど、登り始めが少し早かったせいだったみたいです。


この惣岳山山頂には平安時代の書物に記載されていると言う「青渭(あおい)神社」があります。
歴史ある神社なんだねぇ~!

20170505065959.jpg

惣岳山からはいよいよひたすら御嶽駅まで下りとなります。
ホントひたすら下り&木の階段が続くので筋肉痛の足にはものすごい効きます(笑)
もうやめてぇー!!ってくらい足痛いです。

惣岳山からは1時間30分くらいで御嶽駅に到着で高水三山歩き終了!です♪

コースタイムほぼほぼ同じ4時間24分で歩くことが出来ました。
筋肉痛で苦しんだ割には頑張ったかな♪


 
 
Category : お出かけ
Posted by ひよこさん on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

うちだーの says...""
いつも楽しく拝見してます🎵😊
うちもそうですがひよこさんblogも
リアル話がメインになりつつありますねwヽ(*´▽)ノ♪


鍋島は甘口好きの嫁さんには好評ですが
たしかにもう少し深みが欲しいです(*ノ▽ノ)

2017.05.07 10:12 | URL | #- [edit]
ひよこ says..."Re: タイトルなし"
うちだーのさん♪

そうなんですよねー^^;
ゲーム内のことって最近は模擬か海戦かって感じになってしまってるのが現状です。
あまり商会の人やフレと何かやるとかないからかなぁ・・・

鍋島甘いですよねー!
そうですそうです!深みですよね!?
なんか物足りない・・・って思っちゃったんですよねぇ・・・
2017.05.07 21:35 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mamehiyoko2.blog.fc2.com/tb.php/431-84685862
該当の記事は見つかりませんでした。