ひよこのたまご -大航海時代- ☆2nd Season☆ | EOS鯖大航海時代ONLINEブログ。 (=゚ω゚)モヘェ~♪

鋸山ハイキングその1




こんちゃ♪ひよこの中の人です

なんかゲームもやってはいるんだけど書くこともなくダラダラ気味ですねー^^;
なので週末は釣りでも行きたいねー!なぁーんて言ってたのですが、房総はあいにくの強風高波状態の週末でした。

むぅー・・・・冬は海が荒れるから釣りになかなか行けなくてつらいねー><

でも随分と房総遊びに行ってないからどうしても何か絡めてお出かけしたい!!
と、言うわけで久々の山登り(ハイキングレベルだけど・・)を絡めて房総に行くことにしたのだぁー!ヽ(`Д´)ノ






今回のお山は房総の山って言ったらココ!ってくらい有名な「鋸山(329.4m)」に挑戦します!
鋸山は正式名称は「乾坤山(けんこんざん)」って言うらしいのだけど、
このお山は建築材料として古くは「房州石」と呼ばれる良質な石材が取れたところで採石をしていったところ「鋸の歯のような」山肌になったことから「鋸山」と呼ばれるようになったようです。

ハイキングコースとしても中々発達しておりかなりのコースがあって体力に合わせて色々と楽しめるようです。
今回ひよこ家は上級者向けと言われてる「車力道→アドベンチャーコース(非公式ルート)」を登ることになりました!

走破コースはこのようになりました!って言ってもなんだか判りづらい地図ではありますが^^;

20141214231541.jpg



高低差は千葉の山らしく300mちょいではあるもののアップダウンあり、岩登りやロープ使う箇所ありの中々のアドベンチャーっぷりです(笑)

20141214231637.jpg



アドベンチャーコースはルート上に案内板がないため先人の付けていった赤テープを頼りに進んでいくルートです。
不慣れでちょっと怖いけど、GPSもあることだしなんとかなるかな?^^;

金谷の麓にある「鋸山ロープウェイ」の無料駐車場に停めさせてもらって出発~♪
JR浜金谷方向に歩いていくと精肉店があり、そこのわき道に入っていきます。

すると正面には鋸山!アレに登りますよー♪

20141214232037.jpg



道なりに進んでいくとJRのガード下をくぐります。

20141214232261.jpg



くぐってすぐに分岐。正面は沢コースへの入り口、車力道・アドベンチャーコースは案内板の通り右へ。


20141214232963.jpg



進んでいくと頭上には高速の高架。しばらく登ります。

20141214234023.jpg


やがて道が3方向に分かれる場所に出ます。
車力道・アドベンチャーコースの場合は左に進路を取ります。観月台ルートは真ん中階段を上がります。

今回ひよこ家はアドベンチャーコースですから当然左に進路を取りました!

20141214233781.jpg

入り口には登山道の案内板がありました。画像クリックで大きくなります。

20141214233934.jpg



やがて高速をくぐるような場所に出会いますが、車力道・アドベンチャーコースはここを左へ。
ここから先はいよいよ登山道っぽくなります。

20141214234471.jpg


登り始めてすぐに道に変化が出ました。石畳の登山道です。

20141214234682.jpg



これが車力道と言われるもので、山頂から切り出した房州石を女性が荷車を利用して下した道なんだそう!
房州石は規格が決まってたらしく、ひとつの重さは約80kgあり、それを3本=240kgもの重量があるものを女性が山から下してたんだって!すごいよね!?
車力道を良く見るとその荷車のブレーキ跡の溝が掘られてるのが今も残ってます。

20141214234801.jpg




って言っても・・・ねぇ・・^^; 
女性で240kgの石材運搬よ!?事故とかなかったんでしょうか?昔の人はすごいなぁ・・・・


そんな感じに昔を思いながらテクテクと登っていたら、フユイチゴがそこかしこで実を実らせていました!

20141214234955.jpg


まだちょっと食べるには早いかな?もうちょっとしたら収穫してジャム作りたいところね♪



道中になにやらすごいオブジェ?がありました!
TVチャンピオンで「サバイバル王~二名良日さん」が作った巨大リースなんだって!

20141214235685.jpg




この日はたまたま鉢合わせちゃったんだけど、「第5回鋸山アドベンチャーフェスタ&トレイルランレース」ってイベントと同じ日だったらしく、そこかしこに道案内のテープが準備されてました。
9時30分の出走とのことなので、ウチは牛歩なんで朝一番から登り始めてるんだけど混雑に巻き込まれないように気持ち早歩きで移動します。


ヒィコラハァコラ見えない敵と戦いながらやっとアドベンチャーコースの分岐点に到着!

20141214235262.jpg



こんな一見藪ですか!?みたいなところを入って行きます。


点々と分かりやすい頻度で赤テープの案内があって助かります。赤テープ(リボン?)ってこんな感じのです。

20141214235571.jpg



やがてネットで良く見たことのある「鋸の穴くぐり」に到着。

20141214235710.jpg

手前は藪がすごそうに見えますが、まだ通行出来ます。いずれ樹木に埋もれそうだけどね^^;


この「鋸の穴くぐり」が結構厄介です。
わたしの場合身長が低いんで真ん中の岩をまたぐのに一苦労。ダンナの場合は恰幅が良いんで真ん中の岩の隙間を通るのに一苦労(笑)

20141214235947.jpg



超えた先は軽い谷になっていてロープを利用しながら下って上る。
そうするとちょっとした平場になっていて、これまたネットで良く見かけるマスコットに遂に会えたぁ♪

20141215000102.jpg



ハニワみたいな顔のこれ。なんだろうね?なんだかわからないけどカワイイ(笑)
上を見上げると石切り場の跡らしくすごい切り立った1枚岩。

20141215000314.jpg


一瞬道を見失うも赤テープを見つけると、そこには木に結ばれたロープと10m程の急斜面の下り!こわっw

20141215000832.jpg



ダンナが先に下りてみると、思ったよりは怖くないとのこと。わたしも慎重に下りてみたところ最初だけ怖いだけであとは大丈夫でした。

20141215001431.jpg






急斜面を下りるとそこは・・・・ラピュタの上の庭のような遺跡のように苔むした回廊が!すごーい!

20141215001622.jpg


おー!おー!?と2人で感動しながら写真撮りまくりでした(笑)
上を見るとこんな狭い回廊なのが良くわかりますねー!

20141215002341.jpg


この回廊を奥に進むと回りがすべて石切り場で囲まれたちょっとした広場に出るんだけど、こっちの先には実は進めません。切り立った石切り場を直登するとは思えないのでこっちは間違いだと判断して回廊を戻ります。

回廊反対側に登りのロープがありました。そんなに急ではないけれど土質が悪くボロボロと崩れて滑りやすいのでちょっぴり注意な感じです。

登りきるとさらに平場になっていて、その先は本日の一番の難所の「垂直岩」

20141215003297.jpg


左側はガケで右側は石切り場の上部に立ってるから通行不可能。つまりこの垂直岩を登る以外進むことは不可能!って場所です。緊張するぅー><

登るためにはロープと岩に階段上に切り込みが入っているのでそれを上手く利用しながら登る必要があります。
ほんの少し苔むしてて岩が滑って怖いこと怖いこと!!

先にダンナが挑戦したのを見てる感じだと最後の足を掛けるところで軽くツルってしてたのを見て恐怖に固まりました(笑)
それでも3点支持でダンナ無事クリア!今度はわたしの番・・・・ドキドキだ・・・

階段上の溝を左・右と足を掛けていってダンナが滑った苔むした箇所を使わないように次の左足の掛けるところを岩の外壁側にしたところすんなり上がれたのです。
我ながらダンナよりスマートに上がれた!!と思ったくらいすごい鮮やかだったみたい。ダンナもすげー!!と驚きまくり(笑)

「垂直岩」を登りきったら今度は横にトラバース。木の根を上手く使いながらだけど結構高さのある崖で緊張は続きます。
階段上になった上りになっていき、左側の壁、右側の壁の道を越えていきます。実はこの登りも左右崖になってて結構怖い。

登り切ると炭焼き小屋跡。ここまで来ると山頂はもう少し!安全な道になりました。

20141215003463.jpg



赤テープを頼りに稜線伝いに歩いて行くと谷を挟んで反対側の稜線は明るくなっていて人が歩いているのが見えました。
おそらくアレが本線なのでしょう。
最後は谷が狭まって明るい森に入ったのですが、赤テープの目印はその辺から不明瞭になって本線に入る道がわかりません。
もうここまで来たらと強行突破で進むと本線に合流することが出来、そのまま標識の案内の通りに進むと鋸山山頂に出ることが出来ました!

20141215003631.jpg


鋸山山頂からの景色は遠くまで見渡せて東京湾を挟んで対岸の神奈川県の工場地帯までくっきりと見えたよ♪

20141215003802.jpg


写真を撮ってたら他の団体さんが来ちゃったのでそそくさと地球が丸く見える展望台へと移動したひよこ家だったのでした(笑)


その2へ続く




Category : お出かけ
Posted by ひよこさん on  | 2 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mamehiyoko2.blog.fc2.com/tb.php/172-1840a4de
該当の記事は見つかりませんでした。