ひよこのたまご -大航海時代- ☆2nd Season☆ | EOS鯖大航海時代ONLINEブログ。 (=゚ω゚)モヘェ~♪

鋸山ハイキングその2



こんちゃ♪ひよこの中の人です


鋸山ハイキングの続きです♪


前回の記事はコチラ




頂上にたどり着いたものの、他の登山客が押し寄せて来たので逃げるようにその場から立ち去ったひよこ家。
地球が丸く見える展望台と呼ばれるところに移動して昼食です。

さすがに地球が丸く見えると言うだけあって眺望は最高でした♪

こんな感じに立ち位置から見える景色が何なのか案内するものがあったり

20141215223147.jpg




西を向くと・・・・おー!富士山が見えるぅー♪
三浦半島の先には駿河湾も!
望遠レンズじゃないからこれが限界だけどねー><

20141215223462.jpg



眼下に広がるは金谷の麓からロープウェイ乗ると着く山頂側の展望台
自分達がいるところからは道が崩れたのか通行禁止になってて行き来出来ません。
遠くには対岸の神奈川県は剣崎が見えてます。

20141215223633.jpg



そして南側を向くと保田、勝山の町並みと沖には浮島が。さらに奥には洲崎も見えてます。うーん♪房総は(・∀・)イイネ!!

20141215224025.jpg




展望台はお天気は良いものの強風のため結構寒かった。
さっさとおにぎり食べて殆ど休憩しないで下山開始しました。

下山は「観月台コース」を利用することにしたんだけど、ルートの一部前記事に書いた「トレイルランレース」と被ってるみたいで遂に集団に遭遇!

20141215224761.jpg


急な階段上の下りをレースしてるものだからすごい勢いで下りてくるんで集団をやりすごすために自分らも駆け足気味になっちゃうって言うね(笑)

観音洞窟(石切場)の見学ルートの分岐でトレイルランの方たちとは分かれて再び静寂に包まれました


観音洞窟はと言うと・・・・・(*'▽'*)わぁ♪


なんかの遺跡みたいだ!すごーい!

20141215225320.jpg


写真みたいに内側にまで切り込まれてる場所ってどうやって切るの!?って不思議に思っちゃったけど・・・・
こういう場所って良質の石が取れた場所みたいなのよね。なので奥に切り進んだ結果こういう風になったとのことです。
なんか建築途中で放棄されたマンションの廃墟みたいって思いました(笑)

20141215225557.jpg



よぉーく眺めていると・・・・なんの文字だろ?商標?漢字のような?鳥居が変形したかのような?ものが刻まれてることに気づきました。

20141215230217.jpg


他のサイトで調べても調べ方が悪いのか出てこないこれ・・・なんだろう?気になるー!

左側にあるビリケンさんは他の参考にさせていただいたサイトにも沢山出てるんだけどねー^^;

20141215230688.jpg




いずれにせよ書かれてる場所柄、後からいたずらで書いた感じじゃないのよね。高さがありすぎるもの。
理由があって書いてるわけだからすごーく気になりますねー^^
菩薩も彫られてるって聞いてたけど見逃しちゃいました!

石を搬出するための通路
通路自体からも石を切り出してったのでしょうね。綺麗に統一された切り口で模様のようになってます。
アドベンチャーコースでも見た回廊のような通路でした。

20141215225591.jpg




通路の奥にある木の階段を抜けるとその先は石切場跡地。
頭上には「地獄のぞき」ひゃー!高いねー!

20141215230843.jpg


今回のルートではあの場所へは行かないので下から覗くだけですけどね^^;

石切場跡は鋸山の採石終了になる昭和60年まで200年操業を続けていた「芳家石材」の石切場です。


加工場には今も当時使用していたブルトーザーとか

20141215232963.jpg



チェーンソー

20141215233128.jpg



昭和時代に使用していた索道跡などがそのまま残っています。
切り出して出荷待ちだった房州石もそのまま?残ってたりね!

20141215232820.jpg


そして壁面には「安全第一」の文字と「芳家石材K」の文字が刻まれています。
ネットで調べるとまだブルトーザーが稼動してた時代の写真とかが出てきてなかなか興味深いんだよー^^

20141215232733.jpg




たっぷり堪能したので観月台経由で下山します。


観月台コースも場所によっては車力道だったの?みたいな地面の削れ方してたんで車力道として使ってた道は結構あるのかもしれませんね。

20141215233307.jpg



20分ほど下って観月台到着。
写真撮り忘れちゃったけど、休憩所自体は老朽化のため立ち入り禁止になってました。
景色は中々良い場所で、背中側はさっきまでいた鋸山が、前方には今から下りる金谷の町と海が見えてとても綺麗です。


ところでここの観月台からは過去の遺産と言うのですかね?
ある芸術家が彫った彫刻が見ることが出来ます。

ちょっと衝撃的な彫刻ですよー!?






それはこんなのです






20141215233622.jpg




わかります?



ちょっと怪しい形(笑)ええ・・・・アレの形そっくりなものが山の中腹に見えてませんか?



最大までズームで撮ったものをさらにトリミングしてみます。






20141215235571.jpg



これは「脱皮の記念碑」と言って、工藤哲巳と言う芸術家が1970年に彫った男根とさなぎをだぶらせた芸術作品なんだそうです。





ネットで鋸山を調べてたらコレの存在を見つけまして・・・・一度見てみたかったんで見れて良かったかなと^^




鋸山の中腹にはこれの他にもいくつか彫刻があるみたいで見てみたいのだけれども、個人所有の土地で一般公開してないんだって。
なのでこの脱皮の記念碑だけしか外からは見ることが出来ないんだね。ちょっと残念です。


観月台からはひたすら階段状の下りが続いて、朝通った分岐地点に下りてきました。無事に下山です。
5時間半かかったよ。牛歩だなぁ・・・・(笑)


この後は夜釣りだぁー!!って準備してきてたのだけど、すごい強風で断念!くぅ~><

予定を1日キャンセルしてその日に家に帰ることにしたので、帰りは鴨川の地酒「寿萬亀」立ち寄りました。

20141215235638.jpg



フレに教えてもらった「にごり酒」と「純米大吟醸 寿萬亀 愛山」の2本を購入。奮発したぁー!(笑)

20141215235755.jpg





家に帰ってまずはお薦めしてもらった「にごり酒」で一杯。おー!確かに美味しいねぇー^^


肴はテキトーなヤツの寄せ集めだけどね!(*'∇')ウフフフフ

20141215235864.jpg



しっかし・・・・房総の山登っただけで体中筋肉痛とか運動不足すぎるね・・・・(;´д`)トホホ…






Category : お出かけ
Posted by ひよこさん on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

エヴァ says..."初めまして^^"
いつも拝見させて頂いてます。
私も旅と自然が大好きで刮目して見ました!
鋸山是非1度行こうと思います。

不明の文字ですが、梵字ではないでしょうか?
違う気もしますが、「あ 大日如来」「さ 観音様」に似ている気が^^;
石切の安全祈願かな~っと勝手に想像ですw
楽しいブログ今後も期待しています^^
2014.12.17 12:06 | URL | #- [edit]
ひよこ says..."Re: 初めまして^^"
エヴァさんこんばんはー!

コメントありがとうございます^^

鋸山とても良かったですよー!
登るなら冬がよろしいかと思います。あの界隈はわかりませんが、南房総では夏場はヒルがすごいと聞きますので。アドベンチャーコースとか夏場だといそうな予感します^^; それ以前に藪がすごそう・・・。

壁面の文字は梵字ですかぁー!なるほどなるほど!そうかも!^^
昔の人が安全祈願とか意味合いを込めて彫ったものだとしたらすごいロマンを感じますねー!

楽しいブログ・・・・基本ゲームブログであまりお役に立てること少ないかもだけど時々ああいう試みもしますので良かったらたまーに見てってください(笑)ありがとうございましたー!^^


2014.12.17 21:43 | URL | #- [edit]
ゆず says..."春先に鋸山行きました。"
本当に、コレからの季節は風が強くて嫌になりますね。

風に負けずに釣りはしますけど……こないだは風じゃなくて波が高くて磯まで行けませんでした(笑)
早く砂浜から青物狙える季節が来てほしいものです。

鋸山、私は会社の付き合いの年輩の方と行ってきましたが、ロープウェイ降りたら一面の霧で何も見えませんでした。

2014.12.25 12:04 | URL | #- [edit]
ひよこ says..."Re: 春先に鋸山行きました。"
ゆずさん♪

そーなんだよねー^^; 風と睨めっこの週末になりそう(笑)

ウチも1月からはグレシーズンなんでまた行くことになるよ♪
砂浜の青物って・・・ちょっと前にシーズン終わったとかじゃないのー?(笑)

鋸山はロープウェイでも山頂行くこと出来るしなかなかバリエーションあって楽しいところだよー^^
霧で何も見えなかったのは残念だね><
2014.12.25 21:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mamehiyoko2.blog.fc2.com/tb.php/173-569c0ab5
該当の記事は見つかりませんでした。