ひよこのたまご -大航海時代- ☆2nd Season☆ | EOS鯖大航海時代ONLINEブログ。 (=゚ω゚)モヘェ~♪

長野田山から小町峰峠 その1

 
 
こんちゃ♪ひよこの中の人です。


まだまだ寒い時期が続くと思っていたけど、なんだかんだと気がついたら春はそこまで近づいて来てるんだよね!
地元で利用してる駅前の緋寒桜はもう咲き始めててこりゃあボンヤリしてるとあっと言う間に春に出遅れちゃうよ!?みたいな感じです(笑)

最近ひよこ家での週末遊びで頻度が高くなってきている山登りですが、一つの目標と言うかやりたいことがありまして・・・・

それは房総の背骨と言われてる「郡界尾根」を踏破することなのですね^^
郡界尾根とは南房総を東西に貫く尾根道のことで、西は富津市金谷の鋸山から東は鴨川市内浦の岩高山までの連続した道の通称となっております。


郡界尾根は一般的な登山道じゃない箇所が多いため、事前に相当下調べをしないと踏破が出来なさそうです。


そこで徐々に下見をしていこう!と言うことになったのです♪


今回は郡界尾根のほぼ中間地点と言える「安房高山~鴨川有料道路」間の中から「長野田山~小町峰峠」を下見してきました♪

 
 
 

 
 
 


長野田山

安房高山の東にある350mの双耳峰




本日の予定全体図です(クリックで大きくなります)

20150315073352.jpg


高低差はこんな感じ。長野田山が今日の行程では一番高いのですが・・・難所はここではなかったのだぁ!

クリックで大きくなります

20150315074413.jpg


そしていつもの鳥瞰図は・・・・

クリックで大きくなります

20150315083961.jpg



国道410号沿いにある清和県民の森から鴨川方向へ南下すると旧410号の分岐があり、やがて淵ヶ沢奥米林道になります。安房高山の分岐を左に行くと未舗装の柚ノ木林道がありそこがスタート&ゴール地点になります。


20150315084710.jpg


柚ノ木林道に入って一つ目の切割が入山地点です。

20150315085471.jpg

ここまで車で来て駐車するのも可能ではあると思うのですが、実際は入ってすぐに雨で砂利が流されて岩盤が露出している箇所があるため普通の一般車だとあまりお勧め出来ません。入り口のスペースに置いたほうが無難と思われました。




入山地点には赤いテープが付いてるのでわかるかな?と思います。
他の方のブログとか参照しますと、入ってすぐに岩盤を登るとなっていますが・・・・
たぶんだけど下の写真中央のテープが見えている先の土の斜面を丁寧に上がったほうがテープもありますし安全な気がしますね。結局同じところに出ますので・・・・

20150315085926.jpg


斜面を右寄りに上がって往きますと切割の上の岩盤に出ます。それを尾根に向かって登る。

20150315091127.jpg



登りきったところがおそらく長野田山で一番の眺望がある場所です。
遠くまで見渡せてとても良い♪

20150315094588.jpg


地図上の現在位置はこちら

20150315093201.jpg

山の名前は良くわかってなかったり(笑)

20150315094639.jpg





さらに一つピークを登ると・・・・・「山Ⅲ」の標識。

20150315095934.jpg


この「山Ⅲ」は何なのか良くわからないけど後々まで続きます。ある意味これが目安になるのかもしれません。



もう一つピークを超えると・・・・「長野田山 350M」の表示。ここが西峰なのでしょう。
ここまでミョーにアッサリ来れちゃいました♪登りやすい山だぁーw

20150315160623.jpg


写真を撮ってたらこれから降りる側でシカの鳴き声が。警戒してるのでしょうね



西峰からはちょっと急な下り。やや滑りやすい土質でした。
写真では見難いですが目印のテープもしっかりしてます。

20150315101628.jpg



下ったら当たり前のように登るわけで・・・(笑)

20150315102355.jpg



また「山Ⅲ」登場♪

20150315103166.jpg



なんか・・・・東峰は写真撮り忘れちゃったかな!?
ダンナもわたしも一切撮ってないみたいだ・・・・




やがて左手が杉林の斜面って言う・・・他の方のブログでは非常に間違えやすい場所って書いてある地点に到着。

20150315105862.jpg


ですが、それも今は昔なのかな?
伐採されてて非常に明るい斜面になっており、尚且つ誰かが付けてくれてる「白ペンキ」の案内が非常に目立ってて行き先が明瞭になってます。

20150315104826.jpg



東に向かって尾根を降りるの言葉通りに白ペンキのマーキングが続きます。

20150315110117.jpg

伐採された杉林側の昔の人が付けてくれてた赤テープ・黄テープはこんな感じに一緒に切られちゃってるのが殆どでした^^;

20150315110233.jpg




白ペンキの指示通りに下に降りると「房総のやまあるき」本に書いてあるとおりに「右側から川が山裾を回り込むような」地形に出合うので渡りやすい場所を探します。

20150315110957.jpg


川沿いを歩いて行くと明らかに先人が渡河したであろう痕跡が残る地点があるのでそこをわたし達も渡りました。

20150315112340.jpg

良く目を凝らすと対岸の細い木に赤いテープが巻き付いているのも決め手になりましたね。



渡った先も伐採されているためテープ等の目印が殆どなくなっちゃってます。
ただ、伐採されたため逆に見通しが良くなっており、進んだ先に道があるのが明確に見えてました。


歩きやすいルートを選んで出たのはかなり時が経っていますが舗装されている道でした。
おそらくこれが「御成街道」でしょう。

20150315112761.jpg


20150315114432.jpg

左に行くと「新香木原カントリークラブ」を経て鴨川有料道路の入り口付近への道へと続いてます。
ですので今回は右へと行きます。




舗装された街道を歩いて行くとやがて「林道ここまで」の案内板を過ぎ、登りの傾斜が付き始めると未舗装道路になりました。



やがて広い場所になり、そこが「長野田番所跡」です。

20150315113282.jpg


江戸時代にこの辺を治めた「川越藩」の関所跡なんだそうな。
今はこの立て杭くらいしか痕跡がないみたいです。
ここで軽く小休止しましたぁ~♪


次回に続く


 
 
 
Category : お出かけ
Posted by ひよこさん on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mamehiyoko2.blog.fc2.com/tb.php/208-3cb044fe
該当の記事は見つかりませんでした。