ひよこのたまご -大航海時代- ☆2nd Season☆ | EOS鯖大航海時代ONLINEブログ。 (=゚ω゚)モヘェ~♪

郡界尾根4 木之根峠~三郡山~安房高山 後編

 
 
こんちゃ♪ひよこの中の人です^^


郡界尾根 木之根峠~三郡山~安房高山の続きです


前回は花立峠から尾根伝いに東へ進路を取りとても古い林道へと降り立ちました。



 
 

'
 
 
 

林道を東へ歩くこと10分。
ダンナが「ここだ・・・・」とストップをかけます。


え・・・?



ここを登ると言う。うそでしょ!?

20151122120737.jpg


踏み跡らしいものが一切ないかなりの急斜面が登り口だと言います。
確かに入り口の木にテープが巻かれてます。うへぇ・・・・こんなのGPSなかったらわかんないじゃんね><



信じがたいことに道らしいものは一切ないんだけど数メートルおきにテープが巻かれてる。
まるでここが本当のルートだからね!?って言いたいかのように。

正直急登すぎて写真撮る余裕がなかったです。
湿ってヌルヌルの急斜面で木から木へと飛び移るように必死に掴んで登りました。




登りきったところにこの道が正解だと言わんばかりに「浅百大神」の石碑。
確かに「浅百」に見えるけど・・・・山に水の文字が上にあるし富士山信仰の「浅間大神」なのかなぁ?と思わなくもないです

20151122120991.jpg


いずれにせよすごいところに石碑があります。
自分たちの登ってきたのが正規道じゃないにしてもこんな山深いところにこんな大きな石を運び込んだ人がいたんだからすごいですよね!



この先は参考にしている房総丘陵のサイトでも房日新聞のコラムでも同じような感じに書いてあるのだけど、杉林でひじょうに道が不明瞭な区間が続くんですよね。このパターンが我が家も一番苦手で道迷いが発生しやすい条件と言えます。


浅間大神からしばらくは丁寧にテープの道案内があって問題がなかったのだけど、房総丘陵のサイトや他の方のヤマレコとかでも書いてあったVターン箇所がやっぱり危険でした。

20151122121446.jpg

恐怖のVターンとは大げさかもだけど(笑)
実際のところは右のほうから登ってきてまっすぐに明確な道が続いてるんですよね。
で、ご丁寧にもその先もテープの案内が続いているって言うね。

ダンナはGPS持っているのでここはVターンだよ!って言うんだけど、わたしはまっすぐの道が明確すぎたので懐疑的だったんだ。

でもGPSのルート引いた人がVターンだって言うんだからね。信じて進むしかないっしょー!と(笑)



Vターンした先にもテープがあってとりあえずは安心した記憶があるんだけど、すぐに広い杉林になってしまってテープを見失ってしまいGPSの示す方向だけが頼りになりました。進めば進むほど怪しい道になっていって最後は結構な斜面の下りもありました。

でも・・・・数日前に同じことをした人がいたんだろうね。
滑った跡とかあって「道はこっちで合ってそうだよね!」って妙な安心感と言うんでしょうか?
なんとなくテープも復活して来てたんで進めそうな予感がありました。


最後はやはりぬかるんだ斜面だったけど抜けた先には雨で削れまくって荒れた林道に出ることが出来ました。
でもここまでの道が情報が少なすぎて危険と思っていた区間だったので林道に出たときは本当に「よかったぁ!!」って安心しましたね。

20151122121582.jpg


出てきたところを反対からパシャリ!テープでここが入り口だって案内してるんですかねー?逆からだととてもたどり着ける自信がありません。

20151122122031.jpg


本当はこの林道出口すぐのところから斜面上がると「山の神」と言う「大山祇命」があると言うので行きたかったのだけど、予想よりも長い不案内な山歩きで疲れたのとお腹が減ってしまったのがあって山の神はキャンセルすることにしました。


と、言うわけで下を走っている林道の日が当たるところでお昼にしまーす♪

20151122122164.jpg


今日は素ラーメンとおにぎりだけなんで(今日もか・・・)わざわざ写すものでもないけど^^;
でも外で食べると素ラーメンでもおいしいね♪お腹いっぱいになって元気充電された感じです




元気が出たところで林道を東へo(゚▽゚ヽ)(/゚▽゚)o レッツゴー♪

10分程で三郡山入り口へ

20151122122864.jpg


朽ちた木の階段を登りつめると三郡山山頂
前にも安房高山グルリップで来たところですねー

20151122123057.jpg



東側へ下山します。こっち側で降りるのは初めてなのでどうなってるのかな?

20151122123373.jpg

ヤマレコにここを通ったことのある人の文章が載っててすごく滑りやすくて数回滑って危険を感じたと書いてましたが・・・。
確かに滑りやすかったけどなんとか下の林道まで降りること出来ました。良かったぁ~♪



再び長めの林道歩きです。
ここでは数十台のオフロードバイクと数台のジムニーの林道遊びの人たちとすれ違いました。

20151122123481.jpg


20分ほどで請雨山登り口の標識

20151122123597.jpg


こんな感じに斜めに上がってくところがありますよー^^

20151122124719.jpg



道は湿っててジメジメ気味だけど緩やかな斜度で上がってくので疲れ始めた足にはとても優しく助かりました。



やがて請雨山の最後の石段に。疲れたぁ~!ヒィコラと登りきると・・・

20151122125682.jpg


久々の愛宕神社に着いたー!ヤッタネ!!(v゚ー゚)ハ(゚▽゚v)ィェーィ♪

20151122125697.jpg



ここの景色が見たくてここに来たかったんだよねー^^ また来れて嬉しい~!

20151122125699.jpg


ダンナはここに着いたらリュック下ろして鳥居前の草むらに寝転がってやろうって思ってたみたいなんだけど、何か嫌な予感と言うかそういう勘が働いたんだろうね。

結局寝転ばなくて正解だったんだ



下ろしたリュックから水を取り出そうと動かしたらリュックに4・5個の何かウネウネ蠢いているものが!!









どひゃあ~!?ヒルだぁー!!!

20151122125714.jpg

小さいけれど必死に取り付こうとしてるんだね。初遭遇はもっと東の元清澄山付近だと思ってただけにキモすぎてドン引きしてしまいました(笑)

これの親玉だともっと大きいんでしょー?キモすぎだぁ><



幸いなことに2人とも被害は未然に防げたようでした。
用意していた塩とハッカ水で撃退成功!セーフ!!_(゚▽゚*)_))((_(*゚▽゚)_セーフ!!



お気に入りの場所だったけどゆっくり休憩も出来ないと言うことで早々に下山することにしました。




再び少しの林道歩きのあと、安房高山入り口にある大小4つの石碑前に来ました。

20151122125741.jpg


入り口には「安房高山」と標識もあるのでわかりやすいですね^^

20151122125802.jpg


50mくらいの簡易舗装歩きのあと九十九折りの急登を耐えて登りきると3つの祠のあるピークに。

20151122125964.jpg

安房高山グルリップのときはここを左に行ったら尾根がどこまでも続いてて道迷いしそうになったなぁ・・・




ここは迷わず右へと歩きます。歩きやすい山道をゆっくりゆっくりと上がって行くと・・・

20151122130027.jpg







安房高山山頂だー!ヤッタネ!!(v゚ー゚)ハ(゚▽゚v)ィェーィ♪

20151122130139.jpg



後は自転車をデポったところまで降りれば本日の行程成功となります。



北側へと下山開始

北側はダンナが超苦手とするトンネル上の細尾根を降りなくてはいけなくて早くもダンナ緊張気味でした(笑)


慎重に慎重に・・・とそこは無事クリア出来たのだけど、その後のトンネル脇へと続くトラバースするような細い道への降り口がわからなくてまっすぐ行ってしまいました。

ダンナもアレ!?全然わかんねー!ってなってしまって一瞬2人して顔が青くなったんだけど、そこは最後まで落ち着いて歩こうって言う事で励まし合って降り口を捜しました。


ココじゃない?ってところから降りたんだけど・・・・なんかちょっと違う雰囲気で泣きそうになりながら滑りやすい斜面と格闘。
遠くに見えてるんだよねガードレールが。アレ出口だよね!?ってもう最後の力を振り絞って無理やり斜面を登る。

すると前に歩いた記憶のある足の幅しかない道が上に見えたので、そこまで這い上がってやっと出口へ

20151122130352.jpg


はぁぁぁぁぁ~~!!!最後緊張したぁー!!!


写真撮る余裕すらなかったよー(笑)


でもグダグダになりかけたけどこれで安房高山まで郡界尾根踏破成功だね♪

ヤッタネ!!(v゚ー゚)ハ(゚▽゚v)ィェーィ♪



次回はさすがにヒル多発地帯だから12月か翌年1月になっちゃうだろうね・・・・はぁ・・・ヒル怖い><


金谷鋸山から始まった郡界尾根も今回で4回目
全体像で見て見ると・・・・半分まで来た感じかな?^^

20151123160425.jpg

ここから先が結構キツイんだけどねぇ^^;


今日はこんなところでした!それでわー!~~~ヾ(*'▽'*)o マタネー♪



 
 
Category : お出かけ
Posted by ひよこさん on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

ゆかんぽ says...""
滑らないように!(;_;)って心配しながら読んじゃった!

ヒルもいるんだね><何事もなくてよかったぁ!

安房高山は、君津と鴨川の境にあるのね。あそこ結構山深いよね。

それにしても…ひよこさん、私もよりもよっぽど『房日新聞』を活用しているなぁw

『房日新聞』、他の新聞(読売等)と一緒じゃないと販売してくれないのよね…。
2015.11.24 12:27 | URL | #- [edit]
ひよこ says..."Re: タイトルなし"
ゆかんぽちゃん♪

あはは^^; ありがとー!

ダンナも良くわたしが滑るから「気を付けれー!!」って怒るんだ(笑)気を付けるよー♪

そうなんだよね。ヤマビルも昔は清澄寺近辺にしかいなかったらしいのだけど、鹿とかの生息範囲の拡大に合わせて広がってるみたいだよ。
そういうわけであの界隈より東は冬じゃないと登りたくないって人が多いんだよー

ウチも初遭遇でかなり「うぇぇぇ・・・」って気分になったよ。
一応ヒルが嫌がるような準備はしてきたけれど実際に会うとやっぱり違うなと。

うんうん。安房高山付近は山深いねー!
ホント今回歩いたところはメジャーな登山コースじゃないから森が深くて怖かったよ^^;

房日新聞はね。
Web版愛用だねー^^
歩いている郡界尾根も房日新聞の「郡界尾根を往く」って言う企画物のコースを踏襲してるんだよー

あとはアレだね。釣りコーナーも愛読してます(笑)
2015.11.24 20:13 | URL | #- [edit]
シルヴィア says..."山登り"
凄いなぁ~゚+.(ノ*`・Д・)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆


・・・・・と思いながら、読みました^^

いざっていう時に。非常食だけは、
万全で、気をつけて楽しんでね^^
2015.11.24 21:30 | URL | #- [edit]
ひよこ says..."Re: 山登り"
シルヴィサさん♪

いやいや全然凄くないのよー(笑)房総の山低いし^^


非常食はたんまりとはないですけど一応用意してあるよー♪
ありがとうねー!
2015.11.25 19:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mamehiyoko2.blog.fc2.com/tb.php/296-e30e4679
該当の記事は見つかりませんでした。