ひよこのたまご -大航海時代- ☆2nd Season☆ | EOS鯖大航海時代ONLINEブログ。 (=゚ω゚)モヘェ~♪

郡界尾根5 小町峰峠~香木原峠~鴨川有料道路




こんちゃ♪ひよこの中の人です



前回の木之根峠~安房高山を歩いてから2週間経過しました。
この2週間でぐっと寒くなったのでさすがにヤマビルさんもいないんじゃないの?
ってことで本当は来週行く予定でしたが天気も良いってことで続きをやろうってことになりましたー!

そのせいでその日の夜の模擬行けなくなっちゃったんだけどな><


 
 

'




用事を済ませた土曜日の午後
来週郡界尾根の続きやろう思ってたけど天気が悪そうだよ?ってことで今から準備して明日の日曜に歩こう!って話になったのです。

土曜の夜に出発して車中泊。翌日7:00・・・前回終わった安房高山の林道トンネル前から歩き始めましたー!

20151207213062.jpg







その前に・・・本日歩いたのはコチラのルートです!

20151207210744.jpg
*クリックで大きくなります。

安房高山の林道トンネルから柚の木林道に入り、小町峰峠から香木原峠を経由し郡界尾根を分断している鴨川有料道路を目指します。



高低差はこんな感じです。

20151207211135.jpg
*クリックで大きくなります。



房総らしく小さくまとまってる標高ではありますが、今回はアップダウンが非常に激しいです。
特に香木原峠→鴨川有料道路間は結構キツかったなぁ^^;




一応鳥瞰図~♪

20151207212940.jpg
*クリックで大きくなります。


うーん。わかりづらいw でも低いながらも郡界尾根歩いてるんだよ!ってのがわかれば良いかとー(笑)





スタート地点から柚の木林道までは舗装された林道です。ひたすら下っているので帰りは登らないとダメだよねー・・・
と早くもイヤイヤムードでした(笑)


振り返ると前回のラスト「安房高山」がドーンと見えました。反対側は法面だらけで痛々しいのです。

20151207213358.jpg



20分くらい歩いたら柚の木林道の分岐点です。紅葉が綺麗ですねぇー^^

20151207213962.jpg


柚の木林道入って一つ目の切割りが長野田山への登り口ですが、今日はこれには登らず林道歩きを続けます。

20151207214227.jpg


パァ~っと視界が開けたところに着きました。ここからの安房高山の景色がすごい良いですねぇー♪房総は今が紅葉のピークですかね?どこも綺麗でしたよー!

20151207215172.jpg


その眺望が良いところから5分程でしょうか?左側斜面に赤いリボンの目印がぶら下がってるところ。
そこが289mピークへの登り口です。入ってすぐに道は良く踏まれてるような綺麗な道で気持ちよく289mピークに到着

20151207215410.jpg


そこに何があるの?言われると何もない(笑)

20151207215958.jpg


そのまま南東側の急斜面を降りていくと・・・・今年3月に下見に来た「小町峰峠」の上に出たのだー♪

20151207220211.jpg



下に降りると・・・ほら!切割~♪

20151207220324.jpg


山神社が前と変わらず出迎えてくれましたー

20151207220636.jpg


今日の安全を祈願して郡界尾根歩き続行します



小町峰峠から道なりに北東方向に下って行くとすぐに「長野田番所跡」ですが、ウチらは右側の崖沿いの道を行きます。
テープが道沿いにかなり付いていますので安心して歩けると思います。

20151207220933.jpg


一度乗ってしまえばあとは綺麗な郡界尾根で道迷いとかは殆どなさそうな感じですね。

20151207221471.jpg



長野田番所側の道(御成街道)とは徐々に離れて行きます。

20151207221636.jpg


一部簡単な岩登り(他県のそれとは比べ物にはならないですが・・・)もあって飽きない程度に変化がある歩きやすい道が続きます。

20151207221907.jpg



いくつめかのピークでモミジがすごい綺麗だったので激写!

20151207222355.jpg




何度も登って降ってを繰り返して・・・・

20151207222411.jpg


そしてここも3月以来の鉄塔ピークに到着

20151207222638.jpg



ここで小休止で朝ごはんのフィナンシェ頬張ります。
でも今日は気温が低くてサムーイ!
全然休憩にならないので食べてちょっとだけ休憩したらすぐ出発しました。

20151207223013.jpg


鉄塔ピークから東の山に入ると登りは黄色いテープ群、右の巻き道?と思われるほうには蛍光ピンクのテープ群があります。
でもここは左に登る黄色いテープ群を目印に歩きます。たぶん蛍光ピンクのほうは東電の保守道への案内かなにかで次の鉄塔への道なんだと思います。

鉄塔からのピークを超えると下った先はイノシシのヌタ場?と思われる水溜りのある鞍部になります。
その後再び登った先、ここからが前回わからなかった香木原峠への急な下りの分岐点があるはずなのです。
前回はそのまま登ったピークをまっすぐ行ってしまいテープがなくなって無理矢理香木原林道に降りましたが・・・・。

今回は綿密に他の方のブログ等参考にしてGPSに記録をしてきたのですが、やっぱり道が良くわからない。
GPSの方向通りに下っていくと案内テープは一切なくなってしまい、最後はイバラで行き先を阻まれてしまうような状態に。
イバラを無理矢理突破したとしても、その先は恐らく急な崖になっているのではないか?と言うような地形になってました。

これは・・・絶対違うでしょ!?と2人で相談して一度元の道を戻ることに。


戻ってみると、一箇所尾根分岐があるところがあり、「ひょっとしてこれじゃないかな?」とダンナに提案してみると・・・。
他に方法もないので行ってみたところこれがビンゴ!

20151207223846.jpg



歩き始めは全然違う方向を向いてる尾根だったのでダンナは違うっしょ!?思ってたみたいですが、やがて行って欲しい方向へと道は向いて行ったのです。やったね!

ぐんぐんと斜面を降りていくと・・・おー!香木原林道見えたー!

20151207223931.jpg


あとは急な斜面から林道に降りるだけだけど・・・

先人が虎ロープ結んでくれてるのだけど、丁度この斜面から水が出てるみたいで苔やらなにやらでツルッツルなのですよ。
慎重に降りるしかないねぇ・・・とまずはダンナが降りることに。

最初のとっかかりは普通に降りれたのだけど掴む木がない林道まであと4mって位のところで


「いかーん!これダメなやつだー!!!」と叫んでズルッ!っとなったかと思うとそのまま林道にシューっと落っこちてった。


え!?・・・え!??

とわたしの位置からだと斜面が崩落して落っこちちゃったのかな?って見えたのだけどそうじゃないみたい。
最後のところで苔踏んで踏ん張り利かなくて、そのままだと転んじゃうんでしょうがなく自ら重力のままに飛び降りたと。

20151207224326.jpg


1mくらいの高さだったんで怪我とかはまったくなかったみたいだけどちょっと洒落になりません。
何もなくてよかったねぇ><

次はわたしの番です。嫌だなぁ・・・

掴める木までは問題なく降りれました。
その先のダンナが滑ったところは・・・大回りするように斜面が緩いほうへ歩みを進めて滑らずに林道に降りることができましたー!

20151207224537.jpg




降りた香木原峠は・・・・水でビッチャビチャ(笑)

20151207224807.jpg



ヤマビルいるんじゃないか?と気が気じゃないです。写真撮って早々に退散だー!


香木原林道から鴨川有料道路への道へは香木原峠すぐのこの斜面から上がりました。
ここも苔がすごくて滑りそうで緊張します。

20151207225527.jpg


上がってしまえば尾根道で安心なんだけどねー^^;


でもここから先がすごいアップダウンの連続だった




登り切ったぁー!って思ったらすぐに下ってまだ登っての繰り返しで足にはドンドン疲労が蓄積されていきました。


ただ、先人の目印テープは多めなので案外人は歩いてるのかな?って印象でしたねー


いくつめかのピークを登った先は進行方向に大きな岩があって垂直には登れそうにないところに出会うのだけど、
これは左に巻いて斜面に取り付くしかありません。このあたりは何故かテープが異常に少ないので道迷い起きそうで注意が必要です。


巻いて上がった尾根はVターンで右に登る。
左の下り方向から黄色いペンキで塗りたくった案内が続くのでそれを目安にすると良いのかもしれません。
登り側へ進むとすぐにピークになります。このピークが結構クセモノでウラジロの海になってて迷いやすい。

20151207231324.jpg


ただ黄色ペンキの案内が続いているのでそれにしたがって斜面を降りていけば正解です。

20151207231471.jpg


ピークでは左にも斜面下っていけるような感じになってますが、こちらへは行かない。って言うか5分くらいそっち行っちゃったけど(笑)



しばらくは黄色ペンキの案内のおかげで楽チンな道が続きます。

20151207231561.jpg




10分程歩くと眺望が良いところに出ました。

20151207232138.jpg

真ん中の法面があるところが本日のゴールの鴨川有料道路。まだまだ距離あるかなー^^;
遠くに見えるのは・・・次に登る元清澄山かな?
そして遥か遠くに見えるのは外房の海!
あそこまで歩いてくんだね。ゴールはまだまだ遠いんだなぁ・・・



2つほどアップダウン繰り返してピーク下ると今度は左へVターン。

20151207232461.jpg


ここはおそらく香木原台ってところでまっすぐ行くと山神社を経て金山ダム近くの鴨川有料道路方向に行く道じゃないかと。
ここも黄色ペンキを目印としていれば間違いなく歩けるんじゃないかな?と思いました。


多少キツめのピークを上がると・・・右方向が鴨川有料なのに黄色ペンキの案内は左の緩い斜面へと降りていってしまいました。
なんだなんだ?このペンキさんは何がしたいんだ?

20151207233022.jpg

ひょっとしたら・・・香木原林道の出口への近道なのかもしれないねこれ!とダンナと話す。
ただ、房総丘陵の案内地図にそのルートの記載はないので、ペンキさんルートはかなりの賭けですねぇ・・。
石標337のピークが分岐点です。一応念の為覚えておきました。


ペンキの案内とお別れで右へと降りていくと鞍部になってて左側はなんとゴルフ場の敷地!
右は深めの谷になってました。しばらくそのヘリを歩いてる感じですねー

ゴルフ場から離れると急なピークが続きます。
もうこの辺から2人してバテバテ(笑)

もうピークは嫌だぁ!とイヤイヤムードになってきた。


でもそれを案じてくれたのかどうかはわかりませんが、このあたりからピークを巻く道が連発します。助かったぁ・・・


こんな急登すんの!?って思ったら

20151207233171.jpg


右にテープがあって巻き道でしたー♪みたいなね。

20151207233316.jpg




やがてこんな看板が出てきたところでダンナが

20151207233344.jpg


コレが出たならもうすぐゴールだよ!って教えてくれました。


この案内看板どおりに尾根から降りて谷筋へと行きます。

ジメジメヌルヌルとした谷で嫌だなぁ・・・なんて思いながら降りてみると・・?

20151207233507.jpg











あ!!階段来た!!

20151207233527.jpg

☆^v(*^∇')乂('∇^*)v^☆ヤッタネ!! ゴールだぁー!!




ついに鴨川有料道路へ到着しました。郡界尾根を分断した鴨川有料道路へ唯一下れる階段なのだー

20151207233645.jpg


降りたところは・・・・車ビュンビュン走ってる道なんだけどね(笑)

20151207233782.jpg


次回はこの道を渡って反対側の山から元清澄山へと行くわけです。また大変そうだー^^;






ちなみに今日もここがゴールではあるけれど車まで帰らないとダメなので折り返したわけです。
でもゴールまでは道が不案内のため、緊張で気が張ってたけれど、帰りってなって気が緩んじゃったんだろうね。一気にバテてしまって帰りの道がつらかった。

そこで思いついたのが黄色ペンキの人の下山道使ってショートカットできるんじゃ?ってことでした。
GPSを見るとすごい緩い斜面を降りてる感じだったのできっとゴルフ場の脇を歩いて林道出口付近に出れるんだよこれ!と勝負に出ることに。

でもこれがかなりヤバイ状況を生むことに。

最初はペンキさんの道は綺麗に谷筋へと降りていってたのだけど、やがてペンキさんルートは崩落して消滅しており下の谷まで岩肌が見えてる状態に。

どうする?戻る?って話をするも2人共疲れてきててどうしてもショートカットしたい!って気分のが強くて下山続行。
道もないのに無理矢理谷筋へと降下開始。今思うとかなり危険な行為ですこれ。


対岸にね・・・見えてるのよ。ショートカットで辿りつくはずの林道が。

でも谷が自分達が思ってたより深かった。
房総の沢って他の県と違って土が削れたすり鉢のような感じなのです。
なのでヘタに降りてしまうと蟻地獄じゃないけど這い上がることが出来ないのが殆どなんです。

対岸を隔てている谷はまさにそんな感じで5mくらい削れて下に川が流れているようなところで安直に降りるに降りれません。

「ヤバイなぁ・・・コレ。ムリだよ。」ってダンナが悩んでます。


それでも川沿いに斜面を移動しながら観察していると急斜面を無理矢理降りれば川筋までいけそうな場所があってそこを無理矢理降りることにしました。
対岸にも這い上がれそうなところが丁度あったんで。

つるっつるの斜面を慎重に降りて川を渡って対岸へ。
そしてなんとかかんとか林道に這い上がることが出来てやっと人心地つくことが出来ました。はぁぁ・・・緊張したぁ><

20151207235537.jpg


やっぱり昔から言われてる谷筋に降りちゃダメってのは正しいんだなぁ・・・ほんと今回のは反省しましたね。


あとはひたすら林道を歩いて車のある安房高山まで戻って今日の行程もなんとか終了となったわけです。
はぁ・・・・今日はみょうに疲れたぁ><


 
Category : お出かけ
Posted by ひよこさん on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ゆかんぽ says...""
無事に戻れてよかったー!( ; ; )
気をつけてー!

目印テープやペンキは、先人の方が自主的にやってくれているのね。
山登りの人の為に、自治体がやっているんだと思ってた^^;
2015.12.10 20:26 | URL | #- [edit]
ひよこ says..."Re: タイトルなし"
ゆかんぽちゃん♪

ありがとー!^^
大丈夫よー♪

とは言え今回はちょっぴり無茶しちゃったわけで・・・気を付けますね><

うんうん。目印は主に2パターンある感じなのかな?

1.わたしたちと同じようなことをやってる人たちが付けるマーク(山登りの人が自主的に付ける)
2.東電とか測量関係の人が付ける保守管理用の通路の目印

これがどっちなんだー?と意を介さない場合があって難しい。
自治体がやってる山登りコースもあるんだけど、自分達のは山登り言うか・・・
薮の中をさまよってるような感じなのでやっぱり有志が付けてるものなんだろうねー^^
2015.12.11 01:53 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mamehiyoko2.blog.fc2.com/tb.php/302-6b5abf6b
該当の記事は見つかりませんでした。