ひよこのたまご -大航海時代- ☆2nd Season☆ | EOS鯖大航海時代ONLINEブログ。 (=゚ω゚)モヘェ~♪

アナゴ釣り

 
 
こんちゃ♪ひよこの中の人です


GW後半は中日(4日)が大荒れ天気でどうしようもなかったねー^^;


雨風全力でやってきたものだからGW満喫している家族も大迷惑ってもんだー!
あ、ウチにも迷惑だー!!ヽ(`Д´)ノプンプン


そんな大荒れ前日の3日


前の記事の鋸山登山失敗した日ね


夜は何するよー!?と言うことで3日夜も強風吹き荒れちゃってたのと、GWで人いっぱいなのが嫌だって言うのがあってお手軽釣りを敢行したのであーる♪

 



 

'
 
 
 
すなわち!アナゴ釣りだー!ヽ(`Д´)ノ



アナゴの天ぷら食べたぁーい!食べたぁーい!!



早速釣り準備です。
保田のODOYAでエサとなるアオイソメとサンマ買おうとしたのだけど、サンマが売ってない。
ど・・どういうこっちゃ(汗)
サンマがないなら他のにすればいいじゃない!って言うことで選んだのは何故かアサリの剥き身冷凍パック!
こんなんで釣れるんかー!?


エサを購入した後はアナゴ釣りのメッカと言えばソコ!!って言われている某漁港に向かおうと思ったのだけど、謎の大渋滞に阻まれてしまったわけ。
たぶんだけど翌日大荒れだし行楽のみなさんお帰りになるんだろうね。
保田のクランク越えた先も混んでたので、きっと金谷フェリー港の乗船待ち渋滞なのではないか?と思われました。
こりゃあ・・・・漁港着くの夜になっちまうよう!!って言うことで某漁港は諦めて反対方向へ車は走るのでした。

着いたところは某巨大漁港


まぁ、この漁港我が家はいい思い出ないところなんであまり期待はしてません。
GWだからか岸壁にはすごい釣り人だらけってのもありますしね。
ひねくれものの我が家は人がいない側の岸壁に陣取る。

竿は4本用意して2本はイソメ、2本はアサリをエサにして投入します。

20160507093857.jpg



17時から始めたのだけど、強風向かい風のせいで外で待機できません。
すっごい風強くて寒いのなんの。車で待機すること1時間半。
夕闇迫る漁港で釣りするも・・・・エサが齧られもしないじゃんこれー!!どういうこと!?


あー・・・やっぱこの漁港ダメだ。最初に行きたかった漁港への道が混んでなければ・・・トホホ


そうは言っても今更場所変えは難しいので続けました。
すると・・・わたしのほうの竿に「グングングン!」とアタリがキター!!

アナゴさんはアタリが小さく食ってるかどうか怪しいので聞き合わせしてとダンナが言います。

ゆっくりとラインを張って様子見してみると・・・なんか重さ感じるー!!


って言うことでズバン!!!!と合わせてみると・・・



うえぇぇ・・・・なんも掛かってない!!!どういうこと!?
エサはしっかりとなくなっていたので魚はいたんだろうね。


でもこれで我が家のやる気UP


他の竿はどうなのか?と一度あげてみると・・・・
アサリ齧られもしないじゃん!!!

アサリはダメだ!!って言うことでODOYAで買った少ないイソメですが全部の竿に付けて再投入です。



すると・・・20時半頃
いわゆるソコリと言われる最干潮の時間。潮は動いてないはずなので普通の釣りだと釣れない時間なのにダンナの竿がグングン!言ってるー!


で、ダンナ聞き合わせ。スパン!と合わせると「乗ったわ。アナゴだと思う」ダッテ。
Σ(゚д゚;) ヌオォ!?


ほどなくして上がって来たのは予想通りのアナゴさん!ヤッタネ!!(v゚ー゚)ハ(゚▽゚v)ィェーィ♪


20160507102033.jpg



大きさはちょっと小さめ44cm

まぁ、う○ぎさんと違って焼かないから縮まないっしょw ってことでキープです。



この後はアタリはないけどエサが盗られるタイムが続きます。
1匹アナゴ釣れたんで気合入りまくりなんだけど、エサだけ盗られてどんどんなくなってく。
そしてODOYAの少ない380円アオイソメは22時に尽きたところで本日の釣り終了です。


はぁ・・・・またしてもボウズかぁー!!!おのれぇぇ!!ヽ(`Д´)ノプンプン



まぁ、また来ようよ!!って言うことで今日は保田のばんやでお風呂入って駐車場で就寝することになりました。


お風呂上り用に実はODOYAでお酒とおつまみ買って来たんだなぁ♪







と、言うわけで本日の晩酌コーナー!! IN 車の中!(ここで来るか・・・)


聖泉 純米(ワンカップ)
(せいせん じゅんまい)

20160507102146.jpg



アルコール分 15~16度
原料米 県産若水/日本晴
精米歩合 65%
日本酒度 +1
酸度 1.4




千葉県は竹岡?にある和蔵酒造さんの醸すお酒です。
聖泉は初めてだなぁ!
ODOYA内で購入したんで常温陳列。なので保存状態もなにもわかったものではありません。
でも一応クーラーボックスで冷やしてみました!

ワンカップの上ブタを取って上立ち香はどうでしょう?
うーん・・・・・おっさん臭い系でしょうか?心配です。
一口含んでみると・・・・

あ・・・・思ったよりおっさん酒じゃない!
意外と普通。うん、ワンカップにしては美味しいと思うよこれ!
充分飲める部類のお酒だと思います。
甘さは優しく嫌味なく感じます。酸味少な目、辛さも少なめです。
でもおっさん酒特有の「うえぇぇ・・・」ってなっちゃうタイプじゃないのです。いいねいいね!

ここの蔵からも無濾過原酒とか出してるみたいなので一度飲んでみたいですねー^^



鋸山登山+アナゴ釣りで疲れてたのか、お酒飲んだら速攻でバタンキューなのでした(笑)








ちなみにアナゴさんは自宅に持って帰って天ぷらにしてみました。



基本う○ぎさんと捌き方は同じです。
ただ、う○ぎさんと違って現地で〆ちゃって良かったみたい。うー・・・失敗か?

もうすでにお亡くなりになってましたが、捌きやすいと言うことで目打ちをします。
で、背中側から包丁を入れて背開きに。

20160507102264.jpg


背骨がやりにくかったそうです。

頭側からスッ・・スッと骨をはがしていけば良いそうですが意外と難しい。この辺は数こなさないとダメでしょうね。

20160507102307.jpg




背骨取れたらあとはヒレを取って熱湯で皮側をサっと湯通しします。
ヌメリがこれで取れるそうです。

20160507102470.jpg







で、天ぷらに。



20160507102496.jpg


フワフワで美味しかったぁー!!
アナゴさんはこのサイズでも充分いけると言うことがわかりました!
もうちょっと数揃えてまたやりたいねー♪






Category : お出かけ
Posted by ひよこさん on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

霧○ says...""
美味そうやん!穴子はそれよりサイズ上がると骨きつくなったりするから40前後がええように思うで。餌はサンマない時はキビナゴもなければ最悪塩サバを適当サイズに切ったやつでもいけるで!青モンの皮つき身だったら何でもええと思う・・・ちなみにウチだと道糸直結ツネキチ穴子リグが主流ですwシンプルだけど実績バリバリあんで!
2016.05.08 02:41 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.05.08 18:06 | | # [edit]
ひよこ says..."Re: タイトルなし"
霧○さん♪

あ!やっぱりサイズ大きいと骨ばるんだ!?そっかぁー!40前後が良いのかー^^
そうそう!塩サバも良い聞いてたんだけどわたしが何思ったかアサリどうだろかー!?って買っちゃったんだね(笑)
青物の皮つきね!りょうかいっ ~(=^‥^)ゞ ぴっ!!

ミチイト直結ツネキチ仕掛け!?こっちはフツーにう○ぎ仕掛けと同じで中通しオモリの仕掛けだなぁ・・・
ちょっと調べてやってみようかなその仕掛け^^
2016.05.09 20:21 | URL | #- [edit]
ひよこ says..."Re: タイトルなし"
匿名さま♪

フグ田くーん!!みたいな?(笑)

天ぷら美味しかったよー^^
2016.05.09 20:22 | URL | #- [edit]
ゆず says..."にょろにょろ。"
にょろにょろ釣れてるー!
天ぷら旨そうですね、天ぷらの中でもアナゴさんは好きな部類です。

私も昨日、にょろにょろ系釣れましたがびくびくしながらお帰りいただきました。
ダイナンウミヘビ釣れた所で嬉しく無いっす(笑)
2016.05.10 10:26 | URL | #- [edit]
ひよこ says..."Re: にょろにょろ。"
ゆずさん♪

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪ にょろにょろ~♪

天ぷらふわふわでおいしかったよ!
天気よかったらギンポも釣って天ぷらコンボしたかった!

ダ・・・ダイナンウミヘビは(ノ≧ロ)ノ<嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌
アレ生意気にも噛むよね^^; 細いし食べるところ少なそうだし速攻リリースだw

2016.05.10 19:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mamehiyoko2.blog.fc2.com/tb.php/341-a3de31fe
該当の記事は見つかりませんでした。