ひよこのたまご -大航海時代- ☆2nd Season☆ | EOS鯖大航海時代ONLINEブログ。 (=゚ω゚)モヘェ~♪

『秩父』 武甲山~小持山~大持山

 
 
こんちゃ♪ひよこの中の人です



20160711154921.jpg
*表の秩父市街側から見た武甲山


週末はいよいよ1泊2日のテント泊登山実行の日だー!
って気合を入れていたのだけど、台風1号の影響で土曜日は大雨予報になってしまいました。

天気予報とにらめっこしていると1時間で50mm降雨予報とかになっていて、さすがにこれはテント泊無理だよねー?と今回の山行を断念。




'
 
 
 
 
じゃあ・・・とまだ雨が弱い予報になっている房総へ釣りへ行こう!って行ってみると、なんだか天気予報が変わって山梨付近に50mmの雨降らせる言ってた雲が何故だか房総へやってきた!

なんで追いかけてくるし!?


金曜の夜に現地入りして土曜の朝

ものすごい土砂降りになっていて、その後もっと酷くなると予報は言ってたため釣りも断念。
ガッカリしながらほぼとんぼ返りで家に帰ることになったのです。



うー・・・週末台無しだよこれ><


どうするよー?と房総からの帰り道の車中。
翌日日曜は晴れなのがわかっていたので何か行動したい!と、何するかを2人で考えた。


こうなったら日帰り登山しようよ!と言うことになって、今回は秩父の武甲山に登ってみようと言うことになったのです。


登った行程はこんな感じです。

20160711200657.jpg
*クリックで大きくなります

高低差です。結構ガーっと登る感じですね^^;

20160711201317.jpg
*クリックで大きくなります


鳥瞰図~♪

20160711203692.jpg
*クリックで大きくなります




房総から自宅に戻って装備を釣りから山に変更。
夕方自宅を出発して秩父の「道の駅あしがくぼ」へ到着したのは20時半くらい。







もうあとは寝るだけって言うことで本日の晩酌コーナー♪



本日いただいたのはー?


残草蓬莱 純米吟醸 出羽燦々
(ざるそうほうらい じゅんまいぎんじょう でわちょうちょう)

20160711204361.jpg

神奈川は大矢孝酒造さんの醸すお酒です。
なんだか評判よろしいので買ってみました!

20160711204516.jpg


アルコール分 15度
原料米 出羽蝶々
精米歩合 50%
日本酒度 +4
酸度 不明




今回はテント泊したときにお酒持ち込んで飲んでみたい!って言うことで購入したマグボトル持ち込みで車中泊してみました(笑)
お猪口もステンレス製♪これなら安心して山の中にも持ち込める感じです

20160711154868.jpg



ではでは早速!


上立ち香は殆どなしです。
一口含んでみると・・・・・辛口の印象でしょうか?シャープな作りなお酒だと思います。
ただ、ウチの好みじゃないなぁ・・と正直な印象。
非常にクリアと言うかキレがある感じのお酒なんだけど素直な感想言わせてもらうならば
「飲んでて面白くない」お酒と言う感想です。
飲んでて楽しいってなんだよ?って感じもしますが、美味しくて飲み込むのがもったいないー!とかもっと飲みたいー!って思わされるお酒って言うんでしょうか?たまにそういうお酒に当たるんですよね。今回のは個人的にはそう思えないお酒でした。
特に甘くもなく旨味も殆ど感じず辛さとキレの良さを重視してるのかな?すっと水みたいに飲めるっちゃ飲めるのだけど・・・
なんか楽しくなぁーい!って思ってしまいます(笑)
ダンナ的には奥のほうにキラリと光る甘さがあるから数日寝かしたら化けるんじゃないかな?と言ってましたがわたしはどうにもこうにも面白みを感じない。うーん・・・・・

ただ酔えば良いってわけじゃないんで、あまりお酒強いほうじゃないから偉そうには言えないけど、もうちょっと甘旨系のジュワっと来るお酒のが良いなぁ・・・







で、お酒も入ってしまったので道の駅あしがくぼからアルコール抜けるまでは一歩も出ることが出来ないので就寝するわけなのですが・・・・。


ここからが地雷だった!!



今思うと道の駅に来た時点でダンナの危険センサーが早くも察知してたんだよね。
なんかここ走り屋の聖地ジャネ?と。
来た時点ではそういう爆音させている車一切いないのにダンナ曰く
「音はせずとも車がそういう系」なのはいると。むー・・・そういうものなのかー?

でもここの前に「道の駅ちちぶ」寄ってきたんだけど、そっちは明るすぎ&街中すぎてちょっと敬遠したんだよね。
まぁ、お酒入っちゃってるからもう芦ヶ久保で寝るしかないわけですが。

お酒入ってグッスリ寝てた深夜0時すぎ。

それは始まった。
ブオンブオン!ブォォォォォォォ~ン!!とレースさながらいっせいにスタートし始める走り屋軍団。
その爆音で目が覚めて駐車場を見ると周りは走り屋の車だらけ。えーー??

もう煩くて煩くて寝てられない。
トイレ行きたくても外は怪しい熱気の走り屋さんだらけで怖くて出れないって言うね^^;

移動したくともまだアルコール抜けきってない時間なので移動も出来ない。
今まで経験したことない最悪な車中泊でした。


殆ど寝れないまま朝になっちゃいました。






道の駅から登山道入り口の生川の「一の鳥居」駐車場へと移動しました。


20160711205427.jpg



駐車場は30台くらい停められますかね?
朝5:30の時点では5台ほど停まってました。


登山道入り口には登山届け提出するポストもありますね。



武甲山のこのコースは神社の参道にもなっていて、1丁目から52丁目まで丁目石が置いてあってペース配分の目安になっている感じでした。

20160711211125.jpg




スタートすぐは簡易コンクリ道になっていて、これの苦手なダンナは早くもキレ気味でした。
足イテーからもう二度と来ねーよ!!くらいの勢いで困ります(笑)
イラっと来てて二人とも写真撮ってませんw


早くも休み休みペースで後から来た人にガンガン抜かれます。


15丁目になりやっと簡易コンクリ道は終わり山道が始まりました。


18丁目には「不動滝」があり、このコース唯一の水場にもなってます。
ここで持参してきてた水道水から水場の水に入れ替えました。

20160711212040.jpg



水場を超えるとひたすら樹林帯をクネクネと上がっていきます。
ここが地味にキツイです。


二十丁目の丁目石のところには武甲山御嶽神社参道と立派な石柱
よぉーし!登るぞぅ!!と気合を入れますが・・・・

20160711212106.jpg



昨日の大雨の影響なのかいつもなのかはわかりませんが、道がすごいぬかるんでいてヌルヌルなので歩行に注意を要します。
傾斜も思っている以上にあるのでガンガン体力消耗させられるのです。


20160711212842.jpg



落雷で倒木した?洞にお地蔵さん
もう結構ヘロヘロ。なんでこんなこと(登山)やってるのか・・・と思うこと数度(笑)

20160711212947.jpg



コースタイムより若干遅れて大杉広場に到着



ベンチもあって休憩には良さそう。
ウチはこの手前の斜面でゼェハァ言って休憩しちゃったから休まなかったけど(笑)



頭の上の部分切れちゃってる武甲山のマスコットのブコーさんが
「あと60分」とかにこやかに言っちゃうところに絶望感が。

20160711213085.jpg



三十二丁目には石にマジックで顔書かれたお地蔵さん♪

20160711213215.jpg


この後はさらに道がドロドロ&キツい傾斜に。
もはや枯れ沢みたいな道になってきて、慎重に登らないとツルっと滑って怪我しそうな道でした。


四十丁目あたりからがキツかったなぁ・・・
写真がまったくないもん(笑)





五十丁目の節目の丁目石。
もうちょいだー!!

20160711213413.jpg




上のほうになんだか建物が見えてきました。

20160711213439.jpg











御嶽神社です。

20160711213561.jpg


ここの氏子さん大変だ・・・毎回ここまで上がらないとダメなんでしょ?
とかそういうことばかり心配してしまったよ(笑)


頂上だー!と思ったけど、実は神社が頂上じゃない。
神社の裏手に回ると第一展望台があってそこが本当の頂上でした。


20160711213746.jpg




1304mの山頂はちょっと狭めの頂上でしたが、ここからの眺めがすばらしかった!




武甲山北側は採石場になっているため斜面が切れ落ちているので秩父の町並みが一望出来るのです。

20160711225824.jpg



遠くには両神山や谷川連峰、北西の雲海のはるか先に見えているのは・・・筑波山?

20160711225743.jpg


20160711225966.jpg



雨上がりの翌日だから空気が澄んでて遠くまで眺めることが出来たのはラッキーでしたかね♪


急な登りで散々文句言いながらも登るのはやっぱり頂上で見る景色とかこういうものがあるからだと思うよねー!
登ってるときはもう二度と山なんて登らない!思うけどまたすぐに登りたくなるものなぁ



たっぷりと景色を堪能して神社まで戻りました。


この後はどうする?と話し合う。
予定では小持山・大持山と経由してグルリップ予定なんだけど、なんだか健脚向きと昨日道の駅で見たブログの人は書いていたんで軽いビビリ入りました。


とは言えまだ8時半とピストンで降りるには勿体無い時間。
よぉーし!グルリップで歩くこと決定!



武甲山からまずは小持山へ
ものすごい急降下しました。200mくらい下ったかな?

20160711230657.jpg





例によって雨上がりのせいかどうかわかりませんが、何度も滑って転びそうになりましたね。
ここでも足の速い人に何人も抜かれました。
そういう人達は全然滑ってないんでウチが歩くのヘタなんですかねぇ?^^;



一気に下ったところは鞍部になっててシラジクボと呼ばれるところ。

20160711230769.jpg


こんだけ下ったということは小持山へは急登になるわけで。
ここに最後のエスケープルートあるんだけど、しばらく悩んだ末にやっぱり小持・大持経由で下ることに。


小持山へは急な登り坂50分とか書いてある。イヤスギル(笑)



登り始め最初こそ「たおやかな尾根歩き」みたいなことガイドブックに書いてあったとおりだったけど、やっぱり徐々に急登になりました。

20160711231251.jpg




この小持山への登りが一番きつかったかもしれない。

20160711231638.jpg



何度「おのれ小持山めぇ・・・・」と恨み言吐いたかと(笑)


それでも振り返ると削られてない裏側の武甲山が綺麗に見えてね。
あー来て良かったねぇ~♪とも思う不思議。

20160711231666.jpg



何度も何度も休憩しつつなんとか小持山に到着

20160711232540.jpg




ここで小休止。20分くらい休憩したでしょうか?
ハエやアブが多くてこの季節休憩もツライなぁ・・


小持山から大持山へは再び下り。

20160711232609.jpg



それも岩がゴツゴツしてるところが多いんで若干の注意を要しました。(余裕なくて写真なし)


この辺から再び文句ブーブー


エスケープルートもないんで歩くしかない状態だからか「なんで大持山登るのにわざわざ下るんだよー!?」とかそんなことばかり言ってたかな



小持山と大持山の間に一つアップダウンあるんで中持山?みたいな。
とにかく足に来始めてる時間帯なんで文句しか出なかったです。



大持山の最後の登りはキツイの予想してたけど意外や意外で遠慮気味の緩めの登りで最後まで登らせてくれたので助かりました。

20160711232722.jpg


この大持山山頂でも若干の小休止。

20160711233155.jpg


どんだけ休んでんだ?って感じですが。



充分に足を休めたら後は下るのみ!


でもここからの下りが曲者でした。


ひたすらまっすぐの急な下りで、おまけに滑りやすい道なものだから極端な意見かもだけど木に捕まって降りてくような感じです。
何度か危ない!って感じの滑り方したなぁ・・・。

20160711233853.jpg





それでもこれを逆に登ること考えると「無理!」って感じなんで下ってるだけマシなのかな?
登りでこれやられたら速攻萎えちゃいそうだー(笑)


妻坂峠に到着

20160711234019.jpg




ここまで来ればあともうちょいだー!



って思ったけどこの後も結構キツかった。
ダラダラと九十九折の道をひたすら歩きました。
もう勘弁してー!ってくらい。


やっと人工物見えたからもうすぐ終わりだー!って思ったら林道に出ました。
人口物は車でなくガードレールだったみたい。

20160711234120.jpg



駐車場までの道は林道超えてさらに沢沿いに進みました。

20160711234258.jpg


300mほど歩いて今度こそ本当に駐車場まで戻ることが出来て一安心でした。

いやー・・・今回の山行は疲れたわ・・・・




正直な感想


「もう二度と来たくない」






Category : お出かけ
Posted by ひよこさん on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

Cherubim says...""
ほんとーにお疲れ様でしたイヤマジデ。

関係ないが数日前ある動画サイトで
「一輪車で」登山下山する動画ってのを見たなぁ
「よい子じゃ無くても真似しないでください」とあったが
真似する奴は居ないと思う。たぶん。

そういやお酒で思い出したが。梅酒。
焼酎やホワイトリカーで造る方法はあれど、清酒とかで造る方法って
聞かないなぁと思ったらそれもそのはず犯罪だそうです。

正確には日本の法律上、家で飲む事が目的であれば梅酒などを作るのに免許は
必要ありませんが、それはアルコール分20度以上のお酒(ホワイトリカー・焼酎・泡盛など)を
使って梅酒等を作った場合だけ。
逆に、アルコール分20度を下回るお酒(清酒・ワインなど)を使って梅酒などを作った場合は、
たとえ家で自分が飲むだけであっても違反となる。
なるほど道理で聞かないわけだ・・・その前に自分はお酒が呑めないので
たまにコンビニで「ノンアルコール梅酒」を買ってきて飲むくらいしかできませんが。
2016.07.12 00:45 | URL | #mQop/nM. [edit]
ひよこ says..."Re: タイトルなし"
ケルビムさん

なるほどー・・・度数が低いのでお酒作っちゃだめなんだねー
2016.07.12 21:08 | URL | #- [edit]
れいか says..."記事に関係ないけどヤラレター"
こんにちは。
ぼちぼちとまだ続けれてます(^ ^)
生産者応援期間というのをつい先日知って、
いま必死にスキル上げがんばってるんですが。。。
保管上げ準備で 「大航海時代 釣り場」で釣り場調べてたら、
以前のひよこさんのブログが!
さすが、ひよこさんと思ったのもつかの間。
リアル釣り場の記事でした(T_T)
2016.07.16 09:58 | URL | #- [edit]
ひよこ says..."Re: 記事に関係ないけどヤラレター"
れいかちゃん

ぐあー!コメント気づくの遅れたよごめーん><

おーおー!ボチボチゲームやってますかー!
生産者応援期間完全に忘れてたよわたしゃ><

あはは^^; 確かに「大航海時代 釣り場」で調べたらリアルな釣り記事出ちゃうよなぁ(笑)
お役に立てなかったみたいでごめんねw
2016.07.18 12:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mamehiyoko2.blog.fc2.com/tb.php/356-1977e1c3
該当の記事は見つかりませんでした。