ひよこのたまご -大航海時代- ☆2nd Season☆ | EOS鯖大航海時代ONLINEブログ。 (=゚ω゚)モヘェ~♪

『茨城』 筑波山

 
 
こんちゃ♪ひよこの中の人です


週末は釣りにでも行くー?とか言ってたのだけど、日曜日にちょっとヤボ用がある関係で遠くは行けません。
山も日帰りで遠くの山行くのメンドクサイよねー!とかちょっぴりグータラモードなのでした。


じゃあ・・・・ってことで気軽な筑波山でも登ってみようよー!ってなったわけなのです。



気軽言っても877mありますしね!さらには百名山だったりするんでもうこれは1度は登っておこうと出発したのだー♪ 

20160808200329.jpg
麓から見た筑波山
 
 
 
 


'
 
 
 
いつもの本日の晩酌コーナー♪
本日いただいたのはー?



町田酒造 ???
(まちだしゅぞう とりぷるはてな)


20160808195931.jpg



でーす♪


また怪しい名前のお酒キター!





アルコール分 16~17度
原料米 ???
精米歩合 ???
日本酒度 ???
酸度 ???



20160808200145.jpg



群馬県は町田酒造店さんが醸すお酒なのです!
スペックはお酒の名前同様「???」ってなっててアルコール度数と純米生酒ってこと以外は非公開って言う徹底ぶりです。
購入した酒屋さんの話ですと試験醸造したお酒とのことで、去年から夏のこの時期に限定販売し始めて、
酒屋さんも店頭に出すとすぐに売り切れちゃう人気っぷりでビックリとのこと。

その酒屋今年は頑張って2回目の注文をしたのだそうな^^
このお酒のすごいところはなんたってお値段でしょうかね?

お値段1升 2,000円 720ml 1,000円 って言う破格っぷりなのですよ!

それって安かろう悪かろうってことじゃないのー?って感じもするでしょ?
ところがそうじゃないって言うのがこのお酒のすごいところなので~す♪


それでは早速いただいてみましょう!

開栓して上立ち香は穏やかながらも甘く香る吟醸香
一口含んでみると・・・・Σ(゚д゚;) ヌオォ!? 濃いぃぃぃぃ!?

ちょっとお酒強いかこれー!?ってのが第一印象。そのくらい濃いのがとろんと入ってきたのです。
特筆すべきはその旨味でしょうか?
甘い旨いがガツンと来ますね!酸度もバランスが良い♪
うはー!?これ美味しくない!?って思わず口から出てしまう驚きの美味さですよ!
そしてやっぱり生酒らしく最後に苦味で締めてきます。

うーん・・・・これで1,000円(720ml)って安すぎない!?
すごいお得感ありますねー!
また来年も入手出来ると良いなぁ♪











本日のルートです


20160808201146.jpg
*クリックで大きくなります

筑波山神社から「白雲橋コース」を登って女体山、男体山と回ってから「御幸が原コース」を利用して下山します。





高低差はこちら

20160808201329.jpg
*クリックで大きくなります


意外と簡単そうでそうでもないお山。それが筑波山
ダンナが小学校のときに登ってトラウマになったそれが筑波山
怖い(*´・ω・)(・ω・`*)ネー





鳥瞰図~♪

20160808202267.jpg
*クリックで大きくなります

これがね。平野から急に山になるんだわ。なんかちょっとビックリー
天気が良ければ関東平野とか良く見えるんだってよー?
今回?余裕のガス!(・∀・)







筑波山は自宅から大体60kmくらいの距離にあります。
つまり高速使わないで朝3時起きで準備して出発しても余裕で朝一番から登ることが可能な百名山なのです

筑波山神社の付近にある有料駐車場に到着したのは6時10分
ゲート使用可能なのが5時00分からだってのは知ってましたので意識した到着時間です。

第三有料駐車場に停めました。一日500円だそうでまぁ、妥当な金額だよなぁ・・・とは思いました。

20160808200633.jpg





準備して出発~♪



観光お土産処の脇の道を歩いて行くと筑波山神社の境内に入ります。

20160808203420.jpg




神社境内の階段登りきると右に行くルートが今回わたし達が登りに使う「白雲橋コース」となります。
坂道を歩いて行くと住宅の脇の小道に鳥居があってこれを登っていきます。

20160808203514.jpg



今日の我が家のテーマはバテないようにゆっくりペースで登る です。



他の人のペースに合わせて登るとバテてしまって疲れて休憩ばかり取ることになって結果的に遅れてしまうので、
今日は出来るだけ休憩少なめのゆっくりと歩く距離を長めに取るの事をを意識しながら登ることにしました。




出だしは階段状の石の道が続きます。
いつも以上にノンビリペースで登ることで息が上がりにくく距離を稼ぐことが出来ました。

20160808203749.jpg



しばらく歩くとロープウェイのつつじが丘駅がある方へ行く「向場コース」との分岐です。
これをウチは左へ

20160808203819.jpg


筑波山・・・これが思ってた以上に山々しててですね。自分達が思ってた以上に意外とゴツゴツとした石の道が続くのですよ。
そしてこの石がまた良く滑る!
石の上が黒っぽくテカってるところは地面の泥が登山者のソールに付いて、何度もその状態の泥の付いた靴で踏まれた結果滑りやすいツルツル石になった結果なのだろうなと思いました。
この石が油断するとホントに良く滑る。ビブラムソールが全然効かない!?ってことが良くありました。特に降りる時に顕著だったよ^^;

20160808203978.jpg






そんな感じに滑りやすいコースに時間を取られて何度か休憩はしちゃったけど、いつもよりかは意識して息あがらない様に歩いたのでかなり楽に茶屋跡まで来ることが出来ました。

20160808204005.jpg





茶屋跡まで来るとロープウェイのあるつつじが丘から上がって来た道と合流になり、この先の道は劇的に変化をします。



すなわちオブジェのオンパレードなわけさー♪





まずは弁慶七戻り~


20160808225533.jpg





『頭上の岩が今にも落ちそうで、弁慶も七戻りしたといわれている石』。だって!弁慶ビビリすぎ><








母の胎内くぐり

20160808225841.jpg



奥の岩をくぐること出来るみたいだけど・・・なんかぬかるんでるところにあるんで誰もやっていない。
ダンナの場合狭すぎて引っかかるから㍉!って言ってました!






出船入船


20160808230016.jpg


石の姿がまるで出てゆく船と入ってくる船が並んでいるように見えるとのこと



お・・・おう・・・・(白目)





裏面大黒

20160808230218.jpg


大黒様を背中から見た感じ!


お・・・おうっ!!(錯乱)





大仏岩

20160808234633.jpg



これはそれっぽく見えるぞぅぅぅぅー!!(・∀・)





大仏岩を過ぎるとゴツゴツとした岩の連続する道になります。
標高低い思って舐めてたと思った場所ですね。意外と侮れません。



この辺でヤマユリ残ってました




あとコバキボウシのお花
この葉っぱ春先食べれるのよね!

20160808230455.jpg




そしてビックリしたのはサルナシ♪
筑波山に普通に自生してるんだなぁ・・・・

20160808230715.jpg



こちらはイワタバコの花
なんか可憐ですよね!

20160808230842.jpg




そんな感じに植物を楽しみながら登ってると女体山山頂に到着です
女体山御本殿がまずお出迎えしてくれて、その脇通るとすぐに山頂標識でした。

20160808231031.jpg




20160808231067.jpg









ここからの景色・・・本来ならばすばらしい眺望なのだろうなと思います。


20160808231960.jpg



今日はガスっててなーんも見えません!
かろうじてロープウェイ用の柱見えるくらいでした。再訪だなぁ><





この頂上でお話してたら男性の方に話しかけられてヤマユリが一株だけ丁度見ごろなのが下にあるよ!って
教えて貰いました。


え?どこどこ?と見てみると自分達が立ってる岩の下に隠れるようにひっそりと咲いていたんだなぁ
確かに綺麗で一番見ごろな状態で思わずカメラにおさめたよ!

20160808232019.jpg



この女体山御本殿には「天の浮橋」と言うイザナミ・イザナギが日本を作った時の橋があります。

20160808234861.jpg


なんで筑波山に!?と正直思いましたがまぁ・・・細けぇこたぁー!いいんだよ!精神なんでしょうね(笑)




女体山・男体山の間にある鞍部の御幸が原に向かって歩いて行くと恐らく筑波山のなかで一番有名な岩の「ガマ石」があります。
子供の頃の記憶曖昧でこんなところにあったんだっけ!?ってビックリしたけど^^;


20160808232253.jpg


ガマ石にはその岩の口の中に小石を投げて入ると出世する。って言う話があります。



当然やってみるわけですが・・・

わたし2回目、ダンナ3回目で入れることが出来ました!
これで明日からわたしもアナタもシャチョーさん!!(ΦωΦ)フフフ…



若干滑りやすい泥の下りを降りると御幸が原に出ました
まだロープウェイもケーブルカーも始まってない時間のため売店もひっそりとしています

20160808232355.jpg





とりあえず先に男体山目指しました。


男体山はケーブルカーの山頂駅脇から登ります。
大体15分くらい?そんなにキツイ道ってわけでもなく軽い山道ですぐに山頂です。

20160808232478.jpg



名前でだと男体山のがゴツゴツしてそうだしメインなイメージありましたが、こっちのが意外とヒッソリしてる感じ。6m低いから?
うーん・・・ショボイ・・・・ゲフンゲフン って思ったのはナイショだ(笑)



下山して再び御幸が原



この頃にはケーブルカーも動き出したので売店も始まってました。
売店にて登山バッチ購入です♪

20160808233128.jpg


筑波山のバッチはイメージ通りカエルさんバッチでなんか可愛い♪
登山の格好してピッケルまで持ってるよー!(・∀・)イイ!!


カキ氷も一緒に購入してクールダウンしたところで下山開始です。




御幸が原からはそのままの名前の御幸が原コースで降りたのだけど、これが結構怖い道でした。

20160808232524.jpg



始まりこそこのような木道なんだけど、やがては歩幅が10cmくらいしかないような木道になったり、
ドロが付いて乾いて更にはみんなが踏むからつるっつるになった岩だらけの登山道を降りるんでなんだか油断するとホントツルン!と滑ってしまう道なのです。

ウチら以外の他の登山客も結構滑っててなんだか本当に危険危険!


それもせいもあって下山のが時間掛かってしまった印象だな^^;


筑波山唯一?の水場です。ちょっと飲む気がしないけど・・・

20160808232761.jpg





下まで降りてくると丁度ケーブルカーのすれ違いゾーンのところに休憩ポイントがあるので、そこでケーブルカー来るのを待ちました。5分くらいで動き出しましたので待ってると・・・キタキタ!


アレ乗ると楽チンなんだろうなぁ・・・羨ましい♪

20160808232840.jpg




ここから先もずっとずっとヌルヌルズルズルした道で結局下にある筑波山神社までノロノロとした歩みになってしまったな。やれやれだー




筑波山神社戻ってくる頃には筑波山もガスが取れたらしくてものすごい暑さでした。
照り焼きになるぅぅぅぅぅ~・・・・ヽ(+∇+)ノ・・・キュゥ って感じです。

20160808232961.jpg




下山して服着替えて現地でお酒購入して帰ることにしました。
まさか筑波山であのお酒が買えるとは思いませんでした!
銘柄はお目当てのが米の不作で作れなかったとのことで1ランク下がったもの購入しましたが・・・。
とにかく楽しみ!ウィーッ へ(( ̄ー ̄*))))....~~((((* ̄ー ̄))ノ ヒック



しっかし・・・・











トータル登山時間6時間とか掛かりすぎぃぃぃぃぃ!!


 
 
 

Category : お出かけ
Posted by ひよこさん on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mamehiyoko2.blog.fc2.com/tb.php/363-c959ce5b
該当の記事は見つかりませんでした。