ひよこのたまご -大航海時代- ☆2nd Season☆ | EOS鯖大航海時代ONLINEブログ。 (=゚ω゚)モヘェ~♪

房総山歩き下見



こんちゃ♪ひよこの中の人です


週末はA鯖で大海戦だったみたいだけど、わたしは参加しておりません♪

11月も半ばになっていよいよ冬らしくなってきたので、房総山歩きをまた始めようって話になりました。
前年度の冬は「郡界尾根」と言う、房総半島を西から東へ横断するような尾根歩きをしたのだけど、今シーズンは縦断の「房総分水嶺歩き」をやってみない?
ってダンナと話してたんだよね。

そこで色々と事前に調査しないとわからない場所をピックアップして下見に行ってきたのだぁ~♪








その前に!
いつもの本日の晩酌コーナー♪


本日いただいたのはー?


栄光冨士 純米大吟醸 愛山 無濾過生原酒
(えいこうふじ じゅんまいだいぎんじょう あいやま むろかなまげんしゅ)

20161115201325.jpg



山形県は冨士酒造さんが醸すお酒です。
本年度は栄光冨士結構飲んだねぇ^^
その中でも今回の愛山は入手するのを楽しみにしてたお酒なんですよね♪
なんでも甘旨ジューシーって言う話だったんで!



アルコール分 16~17度
原料米 愛山 
精米歩合 50%
日本酒度 +-0
酸度 1.6


20161115201431.jpg



日本酒度が+-0って言うんで言うほど甘い方向じゃないのかな?早速飲んでみます。

上立ち香はとても良く香ります。これは旨い系間違いなし!!みたいな良い香りです。
含むと予想よりは弱めの甘みです。意外と優しい甘さ?(-""-;)ムム・・・

旨味はしっかりとありますね。特筆しないといけないのは何よりも表面に出てきている苦味です。
無濾過生原酒なんでまぁ、苦味上等で飲んでるわけですが、それにしても目立ちすぎな感じがしました。
その苦味前面に出すぎなせいで折角の栄光冨士らしさが出てこないイメージでしょうか。

むむ・・・ちょっと期待しすぎちゃった?

2日目になると状況は一変!
苦味は落ち着いた結果、甘み旨味と共に急上昇です。
ああ。やっと栄光冨士飲んでるって味になった!そうそうこれだよこれ!

とは言え我が家の栄光冨士デビューだった雄町と比べると感動は薄いですねー・・・。

なんだろうなぁ・・・日本酒度が+-0だから?他の人のブログとか見てると数年前の愛山は-5とかなってるもんなぁ・・・
甘さ抑えた酒造りしたんでしょかね?そういうのわたし詳しくないからわからないけど^^;


3日目以降も2日と同じような味わいです。
美味しいは美味しいと思う。また飲みたいとも思いますね♪

ピンクのラベル=愛山(ラブマウンテン)=甘いに違いない♪ってイメージ先行しすぎちゃったのも悪かったかな^^;







話を戻します。



房総分水嶺歩きをするために参考にしたのは郡界尾根のときもお世話になった「房日新聞」のシリーズ特集の「房総分水嶺」と言う記事です。
基本文章と数枚の写真での構成になっているため、正確なルートを引くために「房総丘陵」と言う、これまた房総山歩きする時には欠かせないスペシャルサイトも参考にしました。

その上で2つのサイトを参考にしながら実際にカシミールを使用してルートを引いてくわけですが・・・・

同じ方法でルート作った郡界尾根の時はまだ歩いてる人とが多かったんですよね。先人が付けてくれた赤テープとか目印になるものや道も歩いてるって感じのところが大変多かった。
でも今回の分水嶺歩きは、後半の南房総地区があまり歩いてる気配がないのです。
途中途中で藪化してしまった道や崩落したまま放置されている道があるっぽく、すべて踏破するためには郡界尾根以上に事前に調査してから歩かないと達成出来ないんじゃない?って感じなんですね。


そこで週末は第一回下見として、今現在でわかりにくい入山口をピックアップしたものをいくつか回ってきました。




A地点


別荘地のはずれにある道から入る地点。変則十字路を曲がった先にある千両栽培の畑の脇を通って古道へ入ると言う地形

20161115203269.jpg


20161115203410.jpg


房総丘陵の地図には記載されていないため、房総分水嶺コラムの文章だけでイメージする必要がありました。
でも思った以上に文章のままの地形だったため意外と簡単にお目当ての石祠の場所まで到達です。




B地点

トンネル上の尾根歩き。尾根道以外は酷い竹やぶ化していて歩くことが困難と思われる地形


取り付き地点と下山地点の確認。事前にストリートビューで見る限り下山地点は藪化がすごくて道がなく見えたので下見です。
ここは予想に反して房総古道と言う名で案内板が結構あって整備されていることが判明。

20161115203529.jpg

下山地点は別にあったため、なんの問題も歩けそうと言うことで下見成功しました。




C地点


東西に走る県道が古道を削って切り割り化している地形
入山口はそのコンクリで覆われてる切割りの端から無理矢理入山と言うことで調査。

実際に行ってみると確かに踏み跡がある場所を見つけられたのだけど・・・
「入山するなら死ぬ気で通れ。見つけ次第通報 地主」と言う張り紙が貼ってあるのを発見したので断念です。

別の入山ルートがあるっぽいのでまた後日下見の必要がありそうでした。



D地点

新興住宅地奥の貯水池脇の農道から入る地形

まず駐車スペースが見つからない時点で詰みです。
目の前に新興住宅街なので下見でウロウロしてると怪しさ満点です(笑)
一応道があるっぽいのだけ確認したのでまたこれも後日ですね。


E地点

国道から脇に入った袋小路状の集落脇から入山する地形

ここも駐車スペースなし。
稲刈り終了して人がいない農道のわずかなスペースに止めて下見してると・・・・わずか数分で地元のご老人の方が原付でやってきた。
明らかに不審者として見られてる風で「邪魔ですかー?」と聞いて見るとブンブンと首を横に振ってそうじゃないって感じなのにその後は出てけみたいなジェスチャーされてしまって下見終了です。

うーん・・・・下見すら無理なのか・・・


F地点

御殿山の北側入山ルート

北側ルートは金ヶ塚山が崩落した関係でルートが途切れ入山禁止になっているため、鞍骨山経由での入山地点の確認。
なんとなーくここ?って感じの場所は発見しました。

他にも数箇所調べたんだけど・・・・
うーん。前途多難って感じだね(笑)


要調査がまだまだいっぱいです







下見の帰りにおなかが減ったのでラーメン食べて帰りました♪
って言うことで本日の一杯コーナー♪(ぉぃ)


本日いただいたのはー?


千葉県茂原市にある「赤まろラーメン 翔」さん

20161115204537.jpg


ここのラーメンは・・・・店名と同じく赤まろラーメンって言うのがメインになりまーす♪
我が家はそれにチャーシュー足した赤まろチャーシュー麺ですねー

20161115204945.jpg

タマネギエキス?ピューレ?がたっぷり入ってるのが特徴かな?
赤って文字が入っているとおりでラー油がデフォで入っているんですけど、勝浦タンタン麺みたいに辛くはないのです。
タマネギの甘さ・旨さが強調するからかな?とにかく辛さは殆ど感じません。

スープがとにかく美味しいですね。オニオンスープのような感じ?今まで食べた事のないラーメンですが完全に好みですねー♪

チャーシューは分厚いのが1枚。焙られているので香ばしくてすごい美味しいです。
厚みがあって食べごたえも充分♪なんだかすごいバランスが良くてホント美味しいですよー^^

アッと言う間に完食でした(笑)ごちそうさまでしたー!






Category : お出かけ
Posted by ひよこさん on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.11.16 10:26 | | # [edit]
ひよこ says..."Re: タイトルなし"
匿名さま♪

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪ 甘そうに見える!

ラーメン濃いよー!
でもしょっぱい系じゃない。ホントたまねぎの甘さがすごい良い感じに効いてる。オススメです♪

終末はお天気良かったけど色々消化不良でしたねぇ^^; 

あんこう祭り・・・ガルパン?(笑)
あのアニメ良いよね^^

大海戦かぁ・・・・...( = =) トオイメ
2016.11.16 19:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mamehiyoko2.blog.fc2.com/tb.php/394-e01ed8be
該当の記事は見つかりませんでした。