ひよこのたまご -大航海時代- ☆2nd Season☆ | EOS鯖大航海時代ONLINEブログ。 (=゚ω゚)モヘェ~♪

房総分水嶺1 久留里~黄和田畑 前編

 
 

こんちゃ♪ひよこの中の人です


12月になっていよいよ冬本番ってことで他県の山には雪やら凍結やらが怖いので行けません。
そこで今年も冬は房総山歩きをしよう!って言うことになったのです。

去年は「郡界尾根」と言う内房の鋸山から外房の岩高山までの東西ルートを歩きました。
今年は南北で「縦」!?って言うことで、これまた参考にしてる房日新聞の企画物にありました「房総分水嶺」を歩こうって言うことに。 
 


 

' 
 
 

参考にした企画物と「房総丘陵」と言うサイト2つを駆使して、おそらくこんな感じに歩いたんであろうと言う全ルートがこんな感じになりました!

20161205181431.jpg
*クリックで大きくなります。



久留里からスタートして南下。郡界尾根で歩いた箇所を今度は逆方向の東から西へ歩いてその先は南房総へ南下。最後は布良の大山を目指すと言うルートです。
結構距離ありますねえ・・・・


そして今回はその第一回「久留里~黄和田畑」のルートを歩いて来たのでーす♪


本日のルートは下の地図のようになります。

20161205183121.jpg
*クリックで大きくなります。




JR久留里駅から歩いて約15kmの道のりです。黄和田畑地区まで行くと直近の駅はJR上総亀山駅。その行程約6.5km。ちょっと遠すぎます。
そこで無料駐車場のある「亀山湖」に車を停めておいて、そこから上総亀山駅まで歩いて始発に乗って久留里駅に。
その後歩いて黄和田畑地区まで戻ってきて、そこに予めデポっておいた自転車に乗って亀山湖までの道のりを楽しようって言う計画になりました。


高低差は以下

20161205183264.jpg
*クリックで大きくなります。


高低差は房総なんで・・・・お察し下さいレベルです。
さらには今回の行程の大半が林道歩きって言うもの相まって見た目以上に高低差は感じないはずなのです。




鳥瞰図~♪

20161205184657.jpg
*クリックで大きくなります。



うん。全然わからんねこれ(笑)
どうみても丘です。山歩きって言うより森歩きみたいな感じですね。まぁ、房総なんでOKでしょう♪



土曜日夜に亀山湖無料駐車場に到着です。
オフシーズンだからか無料駐車場には人っこ一人おらず真っ暗でなんだか怖いところでした。

4時間程仮眠して準備をして上総亀山駅まで歩きます。

20161205185021.jpg



まだ真っ暗だし寒いしでなかなか大変



15分程で上総亀山駅へ到着です。

20161205185024.jpg



切符売り場ってのはなくて乗車駅証明書発行機なるものが設置されてます。

20161205185232.jpg


ようはバスみたいな感じかな?
コレを持って車内で降車時に証明書と運賃をお支払いってわけ。



始発の汽車がホームに入ってました。

20161205185261.jpg



最初乗り方わからなくて困惑したのだけど、2両編成の先頭車両のドアに点灯したボタン付いてるのでそれを押して乗り込むみたい。



5時7分出発の25分に久留里到着でした。
お支払いは久留里駅の場合改札でするみたいです。この辺良くわからないから困惑しちゃったよ



駅前で歩くための準備です。まだ真っ暗で山道見えないと思われたのですごいのんびりと準備しました。
まずは20分程かけて久留里城を目指します。ヘッドライトを装着して薄暗いなか久留里の街中を抜けてお城の坂を上がりました。


二の丸にある資料館横、薬師曲輪と呼ばれてるところに展望スペースがあり、そこで軽く休憩して夜が明けるのを待ちます。
釣りの帰りとか通る道が城下にあって逆側から見る初めての景色はなんだか意外と好展望でビックリしてしまいました。

20161205190526.jpg



周りが明るくなってきて肉眼でも山道が見えるかな?ってくらいになったので再び歩き始めます。



奥に行くと天守閣を模した展望台があります。とてもお城っぽい形ですが、本当の天守閣があったのはすぐ横にある四角い盛り土がしてあるところだったみたいです。

20161205190633.jpg



その天守閣展望台の脇を歩いて行くと南東側に歩いて行ける道が続いているのでそれを進みます。
すると「怒田方面・内山堰」と言う白い道標が出てきます。

20161205193744.jpg



その先は山道っぽくなっていて続いているようなので、これを進みます。恐らくお城の間道ってやつですかねこれ?
怒田への道は基本的にハッキリした踏み跡があるため迷うことは少なそうです。

20161205194045.jpg


ただし沢状になっている箇所がチョコチョコあって大変滑りやすいところもあってやや注意が必要でした。


20分程歩くと舗装された道に合流しました。
出たところは怒田第二隧道の前だったようです。

20161205221620.jpg




反対を振り向くとこんな感じに薄暗い森の中へ入る感じなのでちょっと勇気がいりそうですね^^;

20161205194150.jpg




舗装道路は怒田第二隧道側ではなくて反対側へと歩きます。怒田の集落を抜けて田んぼへの未舗装道路を入るとその先に左に上がる斜面があるのでそこを行きます。

20161205221710.jpg




最初はススキだらけの道らしくない道なのですが、やがて農機具小屋を過ぎたあたりから急に古道の様相を呈してきます。
やや粘土質ではあるけれど大変歩きやすい180cm幅くらいの道になりました。



20分程古道を歩くとガードレールの隙間から再び現代の林道に合流しました。
反対側から写真撮るとこんな感じのマーキングが沢山あるところが入り口だったようです。

20161205224655.jpg



舗装林道に出たら右に進路をとります。

20161205224871.jpg




しばらく舗装道路を歩いて行くと、やがて前方にトタン板の壁の建物が見えてきました。

20161205224954.jpg





これが北向地蔵と言うところらしいです。

20161205225734.jpg


北向きとは長野善光寺の方角を向いているということらしいです。
小さな祠には1体の地蔵が奉ってありました。

夫婦揃って今日の歩きに若干不安あったので歩ききれますようにとお願いしました♪



後半へ続く





Category : お出かけ
Posted by ひよこさん on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

Cherubim says...""
>無料駐車場には人っこ一人おらず真っ暗でなんだか怖いところでした
現地が心霊スポットじゃなくてよかったですねぇ。
それも「Sクラス」といわれる「慰霊の森」とか「慰霊の園」とかじゃなくて。

>ドアに点灯したボタン付いてるのでそれを押して乗り込むみたい。
田舎のローカル線でよくあるタイプですね。
自分は「ド田舎」に住んでますので日常的にソレですが。
(さすがに券売機とIC乗車券改札はありますが)
2016.12.06 21:52 | URL | #mQop/nM. [edit]
ひよこ says..."Re: タイトルなし"
ケルビムさん

うーん・・・今回のところはお化けはいなさそうだね(笑)


うんうん。自分の使ってる電車じゃないけど宇都宮線・高崎線とかにもボタン付いてるの見た事あるから
初見ではないのだけどね。2両のうちの前1両だけがボタン有効っての最初わからなくて一度駅まで戻ったんだよ(笑)
で、乗り方ガイドみたいなのが張り紙してあって理解したと。
2016.12.07 20:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mamehiyoko2.blog.fc2.com/tb.php/399-a9d1c250
該当の記事は見つかりませんでした。