ひよこのたまご -大航海時代- ☆2nd Season☆ | EOS鯖大航海時代ONLINEブログ。 (=゚ω゚)モヘェ~♪

房総分水嶺6 安房高山~八丁山(前編)



こんちゃ♪ひよこの中の人です





土曜日は出勤だったのでお休みは日曜だけ!
なので今週は日帰りで山登りしてきました!

房総分水嶺の続きになります。


今回は前回のラスト「安房高山」から郡界尾根とのお別れになる「八丁山」までを歩きました。


 
 
 


'



まずはいつもの「本日の晩酌」コーナー


本日いただいたのはこちら!



梵 艶 純米大吟醸
(ぼん つや じゅんまいだいぎんじょう)

20170307210164.jpg




福井県は加藤吉平商店さんが醸すお酒です。
我が家初の「梵」ですね。最高級の超吟は買えません(笑)

HPの表記では-5度環境で1年寝かしたとのことです。
火入れの山田錦純米大吟醸スペックです。


20170307210210.jpg


アルコール分 15~16度
原料米 山田錦 
精米歩合 50%
日本酒度 +2.0
酸度 1.2




開栓後の上立ち香は純大らしく華やかに香りますね!
一口含みますと・・・
優しい綺麗な甘み!
綺麗ですねぇ・・・・!なんだろう?雑味とか殆ど感じないスイスイと飲めてしまう美味しさがあります。
ただ若干・・本当に若干のアルコール感を感じます。アル添じゃないのにねぇ?

酸味は1.2と公表値どおりで殆ど感じません。
ややピリっと辛味が最後に来てキレの良さも感じました。

2日目以降火入れながらも味の変化がありました。
初日はやや不満足気味だった甘みが上昇した結果、全体的にバランス良い感じに変化。
非常に甘旨味でバランス良く飲めましたね!さすが梵!美味しいなぁ!








さて分水嶺


本日の歩行距離は12kmとダンナの発表時点ではやや長め設定でした。
安房高山から西方向へとひたすら尾根歩きです。
ただしその行程の1/3くらいかな?林道歩きが混ざってますので比較的高速歩行出来る感じでした。



全体図で見るとこんな感じです。

20170307200681.jpg
*クリックで大きくなります



前回終了地点だった安房高山の麓にある馬頭観音の石祠があるところまでは国道410号の駐車スペースから「大作」ルートを利用して登ります。
その後林道歩きを経て郡界尾根に上がり、花立峠・木之根峠を越えてその先、八丁山までを歩く約12kmのコースです。(実際は14.5kmあったけど・・・)




高低差~

20170307204631.jpg
*クリックで大きくなります



アップダウンがそこそこあります。一箇所三郡山スルーしたんでちょっぴりズルっこだけど(笑)
本日の最高地点はなんとルートミスして無理矢理登ったアンテナ設置してあったピーク!



鳥瞰図

20170307205521.jpg
*クリックで大きくなります



房総なんで低いけれどひたすら尾根歩きしております♪






土曜の夜に出発です。
ちょっと出発が遅くなってしまったので珍しく保田まで高速使ってしまいました。
保田漁港の空きスペースで車中泊して翌日

下山地点の八丁山下に自転車をデポしてから入山地点の国道410号大作地区へ移動して駐車スペースに停めて準備します。

20170307210437.jpg




駐車スペースからは国道410号を長狭街道方面へと下る
80mくらい下ると左側にロマンの森の看板があるところ、斜面に上がっていく道が付いているのでここが「大作」登り口となります。

20170307230313.jpg


20170307230541.jpg





入り口すぐは草が茂ってて歩きにくいのですが、一段上にあがると途端に登山道っぽくなりました。

20170307230647.jpg



始まりからそれなりの斜度の道で、まだ体が温まってないんでふくらはぎとか張ってしまって歩きにくかったです。


20170307230710.jpg





30分くらい登ると分岐が現れました


20170307231033.jpg



自分たちが来たほうが「吉尾」で、左に行くと「三郡山」、右に行くと「安房高山」となってました。
まず安房高山の馬頭観音があるところの標柱にタッチしないといけないので右へと歩きます。


右の道に入ると途端に荒れた道に
倒木が目立って増えました。あと踏み跡が薄いところも多いのでよく見て踏み跡を探しながらの登山です。

20170307231125.jpg




大作登り口から50分で安房高山下の林道に到着です。
林道からは「大作」と標識出てるんだねぇ!

20170307231206.jpg



林道からは本来西へと向かうべきですが、まずは安房高山下へ行くんで東へと歩きました。
大体200mくらいですかね?前回ゴールの馬頭観音下に着いて「安房高山」標識へタッチして本日の分水嶺歩きの本当のスタートです


20170307231363.jpg



まずはひたすら林道歩きです
舗装だったり未舗装だったり・・・・・西に行けば行くほど荒れて行きます

20170307231420.jpg


請雨山の下付近を歩いていると・・・我が家は初見ですかね。
旧三島隧道の跡です。鉄板で入り口封鎖されてますが。

20170307231547.jpg



昔はこの小さいトンネルを利用して観光バスが久留里方向から鴨川方向へと行き来してたんですかねぇ?
すごい渋滞しただろうね^^;





三郡山は今回スルーです。ちょっと楽したいから』とか『登るのメンドクサイ』とか道中会話あったとかそういうのは言えない( ー`дー´)キリッ



三郡山越えてしばらくはグチャグチャのマッディな林道歩き
その後林道が左右に分かれて右林道は自動車の走行に適さない的な警告看板があるのでそれを進む
進むと本当に自動車だと厳しいかな?ってくらいの雨やらバイクの走行やらで削れまくった林道になります。

20170307231639.jpg



その荒れた林道も右にカーブしているところ
まっすぐに薄い踏み跡と入り口の木にはテープが沢山巻いてあるところがあります。

20170307231952.jpg



ここからはいよいよ山登り(ヤブ歩き?)ぽくなります(笑)


しばらくは先人の巻いたテープの案内で進めるのだけど、ある程度歩くと森がやや広くなった地形になり、そこからがヒジョーに怪しい!極端にテープがなくなるので完全にGPS頼りになってしまうのです。


それでも去年同じところを逆方向に歩いた郡界尾根の時にはなかったテープが続いててそれなりに歩いてるのかしら?って感じもしてたのですが・・・

20170307233341.jpg



この入口のテープにつられて入ると綺麗な新しめの赤いテープが続いてて急登になりました。

20170307233468.jpg



急登登り切ったピークには去年見た記憶もない新しめのテレビアンテナが設置されてました。

20170307234017.jpg



おー?なんだかすごいところ着いちゃったね?なんて話してたんだけど、GPS見てみると明らかに去年歩いたルートと離れてる。
あー・・・・コース外れてるよコレ。って言うことで元のルートに戻るように無理矢理谷一つ越えました。


谷一つ越えた尾根には再び黄色い先人が結んだテープが出てきて一安心です。
次に現れた登りは記憶がありました。
登り口に大量のツタ系植物が他の木に巻きついているような場所だったので記憶が残ってます。
これ確か急登するんだったよなぁ・・・って思ってたらダンナが右側に巻き道っぽくなっているのを見つけたみたいです。
巻き道ぽいところにも黄色テープが巻いてあってこれは楽出来るのでは?って感じがしてきました。

先にダンナが様子見してくると、その巻き道の先がどうなってるか見に行ったところ行けそうだったのでこれを進みます。
進んだ先は思ったよりも歩きやすい薄い踏み跡が残ってましたので、それを進むと見覚えのある地点に到着です。

20170307234572.jpg

ここは見覚えがあって「Vターン」する地点です。
テープが少な目で一見道とわかりにくいんでかなり注意深く観察しないと迷いやすい場所でした。



Vターン後にもう一つ小さめのVターンを経て再びわかりやすい道になりました。
再び登りになる入口には小さめの石祠。

20170308181064.jpg


この脇を登るとほどなくして大き目の石碑が現れました!

これは昔流行った「富士講」と呼ばれる宗教絡みのものって言うのかな?
浅間大神と書かれてます。

20170308181307.jpg


これをお参りしてさらに西に進むと・・・・ものすごい急降下の斜面を下ると古いもう誰にも使われてない林道に出ました。

20170308181936.jpg



後半へ続きます


 
 



Category : お出かけ
Posted by ひよこさん on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mamehiyoko2.blog.fc2.com/tb.php/418-ce1d20d3
該当の記事は見つかりませんでした。