ひよこのたまご -大航海時代- ☆2nd Season☆ | EOS鯖大航海時代ONLINEブログ。 (=゚ω゚)モヘェ~♪

『群馬』 大清水~尾瀬沼 前編

 
 
こんちゃ♪ひよこの中の人です


週末は6月4日・5日でお出かけです。
目的地は「尾瀬」

この季節の尾瀬と言えば「水芭蕉」
お泊りで見に行って来たのでーす♪

 


 

'
 
 
尾瀬に行くにも色々なコースがありますが・・・。

当初計画していたのは福島県側の御池駐車場から燧ケ岳を登って尾瀬沼に入るルートでした。
しかしながら今年の尾瀬は残雪が多くて、例年と比べると燧ケ岳の残雪もまだまだ多いと言う情報を入手。
今回は諦めて群馬県の大清水口から尾瀬沼に入るルートに変更しました。


大清水口から尾瀬沼ルートの全体図です

20170605191530.jpg
*クリックで大きくなります


標高差はこのようになってます。
序盤から緩やかに林道の登りです。
その後三平峠まではひたすら登りで標高差500mくらいかな?

20170605191748.jpg
*クリックで大きくなります


鳥瞰図

20170605192057.jpg
*クリックで大きくなります



土曜日は仕事があったので退社後に準備して出発です。
現地の大清水駐車場に着いたのは23時半。チョー真っ暗な駐車場で車中泊しました。

そして翌日6月4日(日)

空が明るくなってくると・・・・天候は無常にも雨!
それも車の屋根に当たってバチバチと音がするくらいの量で登る前からウンザリモードに突入

何度も「登るのやめる?」ってダンナに聞こうと思ったけど、こういうときのダンナって結構譲らないと言うか芯が強いんで決行するのを知っているので黙ってました。

そして雨も止まない午前7時
レインウェアとザックカバーと言う、テント泊では初めての雨装備での山登り開始となりました。


まずはスタート地点の大清水口駐車場前

20170605193691.jpg


駐車場は1日500円です。ウチは1泊するので1000円だね。
お支払いは8時半以降に受付の人が来るとのことだったのだけど、とても待てませんので帰りにお支払いする感じです。
車のワイパーに支払用紙を挟んでくれるのでそれを持って休憩所内で支払う感じです。
8:30-16:30は受付の人がいますが、いない場合は休憩所入り口の徴収ポストに投函するようになってます。

休憩所から見える一般車両が通行出来ないようにしているゲートを越えると約1時間半ほどの林道歩きとなります。

20170605193781.jpg



歩き始めてすぐに分岐があるのだけど、これは小さい看板出ている左の「尾瀬沼」と書いてあるほうを登っていきます。

20170605193841.jpg


最初っからずぅーーっと緩やかな登りです。ひたすら砂利道を歩きます。
レインウェア着ているからなんだか蒸れて暑いです。ミョーにつらい区間だった^^;

20170605193911.jpg



結構汗だくになったところでやっと「一ノ瀬休憩所」に到着です。

20170605193967.jpg


シーズン中だとここでアイスやらなにやら売ってるみたいだけど、この時期はまだ営業してないみたい。
脇にトイレがあるのだけど女子用のトイレは雪が入らないように冬の間の処置として板をはめ込まれたままなので入れません。
しょうがないのでみんな男子トイレを借りるわけですが・・・・これがまた詰まってしまっているのか大変なことになってます。
背に腹は変えられないとは言えなかなかキツイトイレでした・・・。


お天気は狐の嫁入りって言うのかな?日差しが差し込んでるけれど雨が降ってるって感じ。
レインウェアは脱げない状態ですね。

一ノ瀬休憩所を過ぎるといよいよ登山道らしくなってきます。

入り口には人口芝って言うんですかね?それが敷いてあって外部からの種持ち込みしないようにここで靴の裏に付いた泥を落として進みます。

20170605195213.jpg



登山道序盤は渓谷沿いに進みます。
いくらか滝なんかもあって風景に変化があって良いのだけど、レインウェアのせいで暑っつくてそれどころじゃない(笑)
みるみる体力が消耗してきます。

20170605195417.jpg



登山道と言ってもそこは尾瀬
とても良く整備されているため通常の山と比べると歩きやすくて疲れがあまり出てきません。
運動靴で登る人もいるくらいだからね^^;

20170605195747.jpg



渓谷の左岸をしばらく歩いて、1本橋を渡って右岸へと踏み変えます。
すると渓谷から離れ始めて斜面を木道やら階段やらを使って上がって行くようになります。

20分くらい上がったところに「岩清水」と紹介されている水場が出てきます。
ここのお水はなかなか美味しいです。ただちょっと硬いかなぁ・・・雨の影響かな?

20170605195771.jpg


ちょっとここで休憩して再び登り始めます。



木道・木の階段で標高を稼ぐといよいよ残雪が現れました。
ほんの2週間前は軽アイゼン推奨されてましたので、一応我が家もチェーンスパイク用意していったのですが使いどころはなかったですね^^;

20170605195816.jpg



とは言え徐々に残雪区間が増え始めます。
アイゼンはいらないけれど踏み抜きに注意!って感じでした。

20170605195902.jpg



でも残雪のお陰で暑かったのが寒いくらいになりましたよ♪
そのせいか残雪区間が楽しく歩くことができました。

森の中に入り斜面が緩やかになるといよいよ「三平峠」です。
ここが一番残雪多いのかな?まだ場所によっては60cmくらい雪残ってそうでした。

20170605200013.jpg



ここまでずっと登りで後は降る一方なのです♪なんだか嬉しいのです♪


三平峠で軽く休憩して今度は尾瀬沼への降りです。
しばらく歩いて行くと前方には尾瀬沼が見えてきました!

20170605200154.jpg



20分ほど歩くと森を抜けたところには三平下の休憩所

20170605200163.jpg



ここで前日泊まったのであろう若い子達が休憩してました。
雨もやっと止んで降らなさそうなのでウチもここでレインウェア脱ぎました。

20170605200293.jpg



ベンチのすぐ先には尾瀬沼と遠くには雲を被った燧ケ岳が見えました!
当初はあの山を越えて尾瀬沼に入る予定だったからね。次は是非登ってみたいものです。

20170605200360.jpg



三平下からは尾瀬沼の東岸の木道を歩きます。
ところどころ残雪残っているものの、本来の木道区間が多いので歩きやすいのです。

20170605200482.jpg



ここら辺からいよいよ今回の目的である「水芭蕉」がチラホラと現れました。
まだ1週間くらい早いかな?って感じの小さいのが多かったですね。

20170605200507.jpg



長蔵小屋に近づくにつれて徐々に水芭蕉サイズアップ!
雪解けの速度に比例してサイズが変わってるんだなこれ。

20170605200629.jpg


長蔵小屋の前くらいの水芭蕉が一番見ごろでしたね♪
ダンナが若い頃に尾瀬に来たときは水芭蕉が1mくらいのでっかいサイズになっちゃってて趣きもヘッタクレもないって感じだったそうです(笑)


本日テント泊するのは尾瀬沼ヒュッテのテン場なのだけど、受付は13時からとのことで時間が余りまくっちゃいました。
7時に大清水口出発して、ウチの鈍足な足でさらにゆっくり意識して歩いても11時にはビジターセンター前には着いちゃいます。
まだ2時間以上時間あるのでお昼を食べちゃおう!ってことで長蔵小屋の無料休憩所でいただくことにしました。

20170605200752.jpg


尾瀬沼は結構強風で寒かったのでわたしは山菜そばを、ダンナは山小屋でカレー食いたいんだ!としきりに言っていたのでカレーをチョイス。

20170605200867.jpg


大体こういう場所だとレトルトとかだとは思うのだけど、なんだか知らないけど美味しく感じる不思議♪


それでもまだまだ時間が余りまくっているのでビジターセンター横にある売店で色々物色(笑)
さすがにここは大盛況でしたねー!

20170605200910.jpg




売店で物色してもまだまだ時間が余ってる。
もうしょうがないってことで尾瀬沼ヒュッテの前のベンチでひたすら待つことにしたよ。

20170605204451.jpg



1時間20分程待ってやっと受付です。


テン場は受付で番号指定するものだとばかり思ってたけれど、受付札を受け取りつつもお好きなサイトに設営していいんだってさ。
尾瀬沼ヒュッテのテン場は事前予約制になっており、尾瀬の他のキャンプ場とは違いサイトがウッドデッキで区分けされているの。
ちょっと見にくいけれど、サイト案内板が入り口にあってこのような感じで28張かな?出来るようになっております。

20170605204684.jpg



でもサイトによっては雪が残っている関係でテントが張れないとのことなので実質十数張しか場所がない言ってましたね。


ウチは事前に下調べでは8番・9番・10番のどれかが良いと思っていたのだけど、とある事情と言うかせめぎ合いと言うか・・・(笑)
ようは他者とのマウンティング的な要素でかなり手前のサイトにしたのです(笑)

なんて言うか・・・・他国の集団が真ん中らへんに陣取ったんですね。
言葉通じなさそうだし失礼だけど日本のルールとか通じなさそうだし図々しそうだし(笑)
夜中に何かトラブルが起きないようにと少しでもヒュッテに近い場所に設営したのです。

20170605204523.jpg



テントを設営したら夕食タイムまではのんびりと尾瀬散策です。
この日は日曜で翌日仕事の人が多いからか14時過ぎにはもう閑散とし始めました。

大江湿原から沼山峠方面へと帰る人たちがいっぱい。

20170605204744.jpg


その大江湿原は小さな尾瀬ヶ原みたいな感じですかね。
水芭蕉がそこかしこに咲いててとても綺麗ではありますが・・・・天気のせいか少し寒々しいね(笑)

20170605204859.jpg






でも代表的な水芭蕉だけでなく

20170605204960.jpg



リュウキンカの蕾とか

20170605205276.jpg



ワタスゲの蕾がそこかしこに咲く準備をしていてこの後の尾瀬を彩るんだろうなぁ・・・って雰囲気バッチリ感じましたね♪

20170605205364.jpg


7月とかも来てみたいねぇ~


少し散策してたら寒くなってしまったのでテントに戻りました。

夕食時間まで少しボンヤリと休憩してたら再び雨になってきてしまいました。
それも結構な本降りで明日の撤収嫌だなぁ・・・って憂鬱になりましたね。

20170605205418.jpg


夕食の準備も雨が降っているのでテントの前室でやりました。
フライシートが青いんで写真も青い(笑)

20170605205522.jpg



持ってきたお肉で日本酒乾杯です♪

20170605205552.jpg


締めは簡単なスープを作ってお腹一杯なのです。

20170605205637.jpg


日本酒2合でグデングデンとなってしまって気がついたら2人揃って寝てしまいました(笑)
多少なりとも標高があると酔いが回るの早いのかねぇ・・・


夜中に目が覚めておトイレに行ったらまさかの快晴で満点の星空でした。
明日が楽しみだぁ~♪


後半につづく


 
 
 
Category : お出かけ
Posted by ひよこさん on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mamehiyoko2.blog.fc2.com/tb.php/437-57901b7e
該当の記事は見つかりませんでした。